FC2ブログ

ハナムスビ オフィシャルブログ

豆料理のレストランを経て、ここ伊那谷で生活を一からスタート 自然の循環の輪に入れさせてもらえるうよう

田植えをしない5月を過ごす

今年は田植えしないけど、どんな気持ち?
ふと、7歳の娘に尋ねた。

「・・・なんとも言えない気持ち。」

はっきりとしない返事に、続けて聞いてしまう。
お友だちが来なくて寂しい?
ちょっとは田んぼに入りたい?
土日に遊ぶ時間が増えるから嬉しい?
自分たちのお米が食べられなくて悲しい?

娘は少し考え、全部そんなかんじだけど、と前置きして
「心の言葉は、言えないんだよ。
心の中では変な英語みたいな言葉でしゃべってるから、何か違うの」
と返ってきた。

そうなのか!

年齢よりしっかりしているし、話も大人びている娘。
ついつい油断していたけれど、確かに心の中のことを言葉に表すのって難しい。
語彙力、というだけでなく、気持ちを表現すること、相手に伝えること…
大人だって苦労する。

ましてや
人間関係や新しい体験を通して、複雑な感情を味わっているだろうお年頃、
「楽しい」「嬉しい」「悲しい」
と表すだけでは足りない、深い様々な気持ちを抱えているのでしょう。

ただ、それを「変な英語みたいな言葉」と言ってくれたことに、感心した。
それはたぶん、今の娘だからできる表現。
「お母さんは、心の中は日本語でしゃべってる?」と聞かれたけれど!
私も小さい頃は気持ちに言語を必要としなかったのかな。あぁもう覚えていなくて残念。

今年は(おそらく数年間は)ハナムスビでお米作りをしない。
それは、現在の家族の状況を考慮してのことだけど、
やっぱり寂しい気持ちはある。
やるかやらないか、どちらかしか選択できないし、
もし今年も稲作をしていたら後悔することになったと想像できる。

お米作りを「しない」ことにした理由は説明できるけど、
そのことに対する気持ちは私も複雑で、語るには時間を要する。

そして、思ったことを正確に表現するなんて実際にはできないんだよなぁと
気づかされた。

伊那谷来る前も、ずっとピースシードさんの田んぼを中心にお米作りに関わっていたから
子どもたちがお腹にいるときも、背中におぶってでも、田んぼに入って作業していたから
こんな静かな4、5月を過ごすことはなかった。
(いや、十分やること満載ですけどね)

あちこちの田んぼに水が張られ、苗が植わっていく。
今年は、それを眺めるだけ。

美しいけれど、切ない。

DSC_0905.jpg

去年の青空と田んぼ




春の味噌づくり

庭や道路わきで、にぎやかに色とりどりに咲く花。
黙々と淡々と畑仕事をする人の姿。
水が張られた田んぼ。
青空と、暖かい日差しと、鳥のさえずり。

信州に春が来たなぁと感じ入る。

本日、お味噌を仕込みました。

東京にいたときには立春頃を目安にしてましたが、
冬に仕込むと寒すぎて味噌が凍ることもあるらしく
伊那谷に移住してからは3月か4月にお味噌づくりです。

今年はなんと!
かまどと手動の豆つぶし機を使用。
カズさんが地域の集会所の倉庫で眠っていた器具たちを目ざとく発見、貸してもらいました。

大豆は畑で採れたものと、地元の知人が育てたもの。
麹も一部自家製です。

知人も参加して、できあがり32キロほどの味噌を仕込みました。

IMG_7896.jpg

アルプスを眺めながら、庭でかまどに火をかける。
9㎏の大豆が一気に茹で上がりました!

IMG_7906.jpg

その間、麹をほぐす2歳の息子の手

IMG_7912.jpg

グルグルまわすと、麺のように大豆が出てくる。
大量につくるときはまたお世話になりたい!

IMG_7919.jpg

塩きりした麹と、つぶした大豆を混ぜる。

味噌づくりの工程を聞かれた娘が、すらすらと答えていて驚いた。
確かに何年も一緒にやっているけれど、ちゃんと身についているんだなぁ。

お団子にして、容器に投げつける作業も全員でやりました。
みんなの常在菌と気持ちのこもったお味噌。
これから半年ほど、ゆっくりと熟成するお味噌。
おいしく育ってね。

先月、私は車の事故に遭いました。
相手の不注意で車がぶつかり、お互い怪我なく済んだけれど、
家に着いたときにあらためて恐怖感におそわれた。
そんな日の夜、心を落ち着かせてくれたのはお味噌汁。

染みわたる
ほっとする味

お味噌汁に癒されるとは!と自分でもびっくりしたけれど、
やっぱり家族の手の力のおかげでしょうか。

毎年の恒例行事。
そして仕込みの第一弾。

ここから、忙しくなります。





飴は蜜にあらず

蜜は狩猟、飴は農耕なんだなと麦芽糖を作っていて思った。
飴づくりの化学反応を最初に発見した人と握手したい。
心をくすぐる知恵が詰まっていて、できあがりが甘く美味で、ほころぶ。

飴の語源は「あま(甘)」から来てるそうな。

それをなめて「あめ~!」lとなったのだろうか、、、

糖質は舌にのせた瞬間、脳を刺激して快楽物質を放出させるのでよく薬物に例えられる。

これを報酬系という。
自然の甘みイコールエネルギー。食にありついて生を全うするためには最小の消費エネルギーで最大の摂取エネルギーを獲得することが重要になる。何でも食べれば良いという訳ではない。必要なものは何なのか?それを見極めるため進化は報酬系という脳の仕組みをつくった。

「ハイ、今食べたその果物、正解!!!糖質がたくさん含まれている。それはエネルギーに代わるからよく憶えておけ。正しい行為だから脳に快楽物質を出してあげよう」

ブゥワ~~~~~~~と脳内に気持ちいい物質が充満する。

生きていくために必要なものを正しく摂れているか?
これを知らせてくれるのが報酬系。
糖質はその最たるもの。摂れば「それは正しい!」と快楽物質を放出してくれる。

そう、ダイエットが難しいのは報酬系との闘いだから。悠久の、連綿と築き上げてきた生死を分ける生理システム。もっと!もっと!と要求してしまう仕組みに、容易に打ち勝てない、、、

甘み、、、

豪華で喜びで笑いで幸福の魔法。

昨年大麦を育てたのは、近年砂糖に(今は人工甘味料だけど)その座を奪われるまで、古来から蜂蜜と双璧をなした麦芽糖(水飴)が作りたかったから。

みんなが喜び、福福しくなる。

DSC_2187.jpg
浸水。3日間プクっと膨らむまで。

DSC_2208.jpg
さらしにしっかり水を含ませて充分に膨らんだ大麦を敷く。上からも濡らしたさらしをかける。

DSC_2218.jpg
次の日から発根。三日くらいたてば発芽してくる。ひょろ長いのが根。黄緑色した角が芽。愛着のわくカタチ。

DSC_2222.jpg
一週間も経てばワッサワサ。種の三倍程度に芽が延びたとき、種自身の持つ糖化酵素が最大限になる!
酵素が最大限になったとき、内包している炭水化物を分解し糖を生産して自身を成長させる。この生のダイナミズム!神秘を感じる。

DSC_2223.jpg
大豆だけでなく、穀物も芽が出て葉になる前の状態をモヤシという。ワッサワサのモヤシ。

IMG_20180227_084258.jpg
種という休眠状態から生へ。

DSC_2226.jpg
ここで一気に乾燥させる。生をヒトの手で強引に止めてしまう。ああ、ああ、、、

DSC_2249.jpg
完全に乾燥させたらすりこぎでゴリゴリと種を割るように。ミルで粉砕すると書かれているものが多いが、熱を与えてしまうとそれこそ酵素が死んでしまうのでは?と思ったので、ここは丁寧に。

DSC_2250.jpg
大麦2カップ半に対して、もち米1キロ。3リットルの水で炊き上げ、そこに砕いた発芽大麦を混ぜる。

DSC_2251.jpg
6~8時間、60度をキープ。すべての作業の中でここが一番大変。量が少なければジャーでいけるのかもしれないけど、今回は薪ストーブの上に鍋を浮かした状態でおき、うまく60度をキープした。入れてすぐに大麦の酵素で糖化が始まり、シャビシャビになっていく。化学だ!

DSC_2261.jpg
7時間後、さらしで絞る。もち米は分解され、繊維状になっているので絞りやすい。白濁で青臭い。

DSC_2262.jpg
へらからダラ~~っと糸が引くまでとにかく煮詰める。ひたすら煮詰める。

DSC_2263.jpg
1リットルくらいとれたのだろうか?かなり少なくなった。

あめ~~~!
砂糖の30%の甘み、糖質の中でも上品な甘味と言われるだけあって、口に含んでからゆっくりと幸福が訪れる。何と美味しいことよ!
懐かしさも添加される。

そしてこの労力。
費やす時間と熱量がたやすくない。それほどにまで追い求める甘味。
生きる上では必要のないものだ。米食べていれば事足りるし、わざわざ、、、

この、わざわざが笑顔につながり幸福となっていく。
贅沢品だね。嗜好品と呼んでもいい。

今やそれは砂糖に代わり、砂糖は人工甘味料となった。

飴と比べてなんとお手軽に糖質が取れてしまうのだろうか!!!

貴重で希少で贅沢な飴。
糖を深く感じることができた飴づくりだった。

赤子の便秘解消にもいい。
子どものおやつ、割りばしでネリネリしてもいい。
みたらし団子、自分のおやつにグラノーラバーを作ろう。

飴づくりは奥が深く、手がかかるだけで難易度は低いので手作り、超おススメです。

人類はどこへいくのか サティシュ・クマール

There is no way to peace. Peace is the way.

平和への道などはありません。平和が道なのです。
                      ~サティシュ・クマール

sati.jpg


ジャイナ教の信徒であった筆者がガンディー主義者のアシュラム(修行の場)に行き、
ガンディーの教えを学んだ影響がこの一文に大きく表れている。

ガンディーの有名な一文

「あなたがこの世界で見たいと思う変化に、あなた自身がなりなさい。」

この二人の言葉に背筋がピンとはる。

世界を変えようと思っても、
人を変えようと思っても、
自分から切り離した何かに求めた時点で分裂し、時に間違いを引き起こす。

自分という小宇宙が宇宙そのもの。
肉体から細胞へ、細胞から精神へ。
この広大な宇宙空間が秩序だっているのだろうか?


この本は、
ジャイナ教徒であり、非暴力というガンディーの教えを受け継いだ僧侶であり、
真だけでは尖ってしまう、美しさも人の崇高な感性だと謳う詩人であり、
巨大になり過ぎた経済圏を小さくすること(地域に還元する)が貧富の格差、環境問題を解決に結びつくと唱える平和主義者である著者の理論と実践が書かれている。

現社会の問題点、地球と自分、人と人との関係性、
そして心の在り方、、、

その実践の方法論として筆者は、
土(soil)、魂(soul)、社会(society)というワードを軸に、
三つのSを統合すること、三位一体こそが人類の幸福な未来に繋がるという。

僕らはどこへ行こうとしているのだろうか?

サティシュ・クマールの立ち位置が素晴らしい。
僕はこの本のP41~P42に書かれている真理についての捉え方を目にして、
ああ、この人は真に追い求めてきたんだなと尊敬する。

~全体論的(ホリスティック)で、相互関連的な、そして崇高な三位一体は、唯一の生命観というよりは、むしろいくつかあるうちの、ある一つの生命観です。言葉による思想の定式化にはどんなものであれ、限界があります。究極の、あるいは真理である定式化などありえないのです。
 私たちが頭の中で、知的な確信に達し、真理について何らかの理論や信念にたどり着いたとき、「ああ、私は、何が真理なのかわかっている。~どうして世界は、私の知っている真理を受け入れ、したがわないのだろう?」
 そこで私たちは、「私たちの」真理へと、人々を改心させる必要があると感じるようになります。それが問題の始まりであり、戦争や闘争の始まりなのです。すべてを包む霊的なアプローチが終わり、狭い排他性が登場するのです。
 知的理論や過去の信条から得た真理は、私たちが再検討し、新しい風を吹き込まねばならない「一つの」真理なのです。~


現代に生きる僕らは世界共通の神話を持っていない。
9合目まで登らせてくれる多くのヒントがあるだけで、その、残りの一合をどう登るか、
ここにこの世に生を受けた僕らの最大の歓びがある。
究極の真理にたどり着けるかが問題ではなく、
この最後の一合目を登ろうと決心するかどうかが岐路で、
神は、独り頂きを目指す、その歩みにそっと微笑んでくれるだけなんだと感じいる。

サティシュ・クマールはその残りの一合を登る理論と実践を
三つのS、土(soil)、魂(soul)、社会(society)に求めた。

自然からあまりにも遠ざかってしまった人が、いかに自然と調和を取り戻すか?

万物のあらゆる存在の上位に位置するとおごって成長してしまった人の、
その反省をどこに求めていくのか?

筆者は、いや、多くの人が気づいているように土、大地との接触に求めている。

大地は草木を育み、その草木はあらゆる生物に、何の見返りもなく与えている。
誰かが独占するでなく、慈悲、、、

自然は無条件の愛に満ちている。

そこに僕らは学ぶ必要がある。
自然について学ぶでなく、自然から学ぶ。

~私たちが、謙虚さと感謝を実践するとき、自然から多くを学ぶことができます。しかし人間中心の近代文明の中にいる私たちは、自然について学ぶのです。自然「から」学ぶことと、自然に「ついて」学ぶこととの間には大きな隔たりがあります。自然に「ついて」学ぶとき、自然は学習の対象になり、自然の開発を促すことになります。~しかし、自然「から」学ぶとき、自然との親密な関係を築くことになります。ですから、そこには自然のプロセスの神秘への、無条件の謙虚さと畏敬とがあるのです~ P30

土に触れることは、
そもそもの大きな問題である、
人が万物の霊長と勘違いしている科学的な自然の捉え方をシフトさせる唯一の方法。

筆者は、膨大な余剰エネルギーが人間にあり、
その人間エネルギーを活用しない限り、環境問題、健康問題、経済問題、、、
多くの問題は解決しないという。

然り。

余剰エネルギーは結果として糖尿病などの疾患に現れる。
食べ過ぎなければ、得たエネルギーを動いて消費すれば糖尿病にならないのは明白なのに。

過余剰な人間エネルギー。

あらゆる問題の本質はこれに尽きる。

ガンディーが晩年、糸をつむぐ手仕事を大切にし、
自然からひたすら搾取する現代の経済の構造に異議を唱え、
身体、手を動かして生産することの重要性を説き、実践していたことは、
かなり先の人類への危機を予見していたように感じる。

人間エネルギーをきちんと消費するために個々が生産する。
これを筆者は手仕事が大切と言っている。

土に触れることは、身体を動かし血を通わせる。
細菌をはじめ、多くの生物と触れ、共に成長することができる。
慈悲を学ぶことが霊的な成長になる。

ここでは多くを書かないけれど、
Small is beautiful.
この視点から筆者は地域社会のつながり、消費活動を説いている。

輸送コストを考えると域内で交換に近い形で生産したものを消費するのが一番シンプルだ。
人との関係性も顔と名前が一致するような人数で作るのがいい。

ただ、例えば食品で言うと、
オーガニックで生産している人が周囲にほとんどいない環境ではなかなか交換的な消費が難しいのも現状だ。

そこはコツコツと賛同してくれる人を増やすしかないので、すぐにとはいかない。

どうしても安いことが一番となってしまうのは、
生活がかかっているからだと思うけど、
大切なのは何か?
をもう一度見直すことが今、必要なんだと思う。

この生活をはじめて3年。
まだまだ学ぶことは多いけれど、一つだけ言えることがある。

それは、幸福の尺度が大きく変わったこと。

身体を使って、生産し、それをいただく。
それが身体を創っていく。

家族と一緒に土、自然に触れ、
共に学ぶ。

経験であれ、食べ物であれ、
仕事であれ、遊びであれ、
蓄積されていく記憶がその人をつかさどるのだから、
日々、質のいいものにしたい。

そんなに大きくなくていい。

世界を見て、自分をコツコツ変える。
なりたい、いきたいところを定め、その変化に自分自身がなる。

おススメの本です。


あなたはどこへ行きたい?

年神様を迎え入れる~臼作り一年目

一年目

臼作りのため、山からとても太い欅を切り出しました。

それはそれはお見事な欅。
盛木材の裏の里山で二年前に切り倒した欅、3~4本分。

DSC_1918.jpg
(まっすぐに切る。その姿勢。90㏄のエンジンは一発の爆発力とトルクが半端ない!プロの道具。使わせてもらった。カット後のアドレナリン放出量のもの凄いこと。顔がブワーっと熱くなった。)

それを4メートルほどにチェーンソーで切り、
ポンポンという、山から伐木を運び出すキャタピラー走行の機械でおろし、
平地で2寸サイズ(60センチ)に切っていく作業。

DSC_1911.jpg
ポンポン

・・・何よりも、
盛木材の山の仲間たちと作業をともにできたことは素晴らしい経験だった。

一瞬のミスが死につながるため、
一つ一つの動きの正確さ、先を見越した危険回避、
ここという時のまなざし、身体の使い方、
全てにおいて無駄がない。

DSC_1935.jpg
(極太の欅をポンポンにクレーンで乗せる。緊張感に包まれる。ポンポンの音はしているものの静寂。)

その緊張感に命、という僕ら生命体の、すっかり遠くに置き去りにしている出来事を発見する。

生き、生かされる、、、

僕らの進化は危機を克服してきたという長い歴史の背景がある。
一瞬のミスが死につながるという作業を終えたときに、
また新たに生の前向きな心持ちをグッと拳を握るような反射で感じることができる、、、

これを毎日やっているのだから、
山仕事をしている人たちは、少し向こう側に死があるという、
ごく当たり前の「生」が宿っているんだと感じました。
(漁師さんなども同じマインドなのだろう)

この人たちが切り出した欅で臼を作ることの意味合いが深くなった。

前回のブログに書いたように(こちら
美味しいお餅を自分で作った臼で食べたい、という楽しみは多分にあるものの、
その臼でついたお餅で鏡餅を作り、
年神様を迎え入れる、、、

年の初めの、感謝と祈り。

自分たちがおのおの作った臼で、
自分たちの、友人の、隣人の、愛すべき人達のために、
健康、幸福を祈念して鏡餅を作る。

僕ら一人の存在は、
宇宙全体のひとかけらに過ぎない。

巨大な宇宙の平和を祈るのと同じく、
小さなひとかけらに過ぎない僕らが一つ一つ周囲の、
気の届く範囲のなかで、健康、幸福を祈り、
鏡餅というみえる形で心をシェアするのは、
ローカルな霊性の実践としてとても実のあるものだと思う。

その命を吹き込む切り出しという作業に、
盛木材の仲間たちとできたことは大きな価値がある。
このミラクルな出会いに感謝!

何気に始まった臼作りだけど、
作業をしている間のハート感というのかな、
緊張と遊び心と希望と、
さまざまな前向きな想いが交差して、
いい流れができてきているのを感じとりました。

来年は荒削りと臼のまわりの加工、
杵つくり、、、

ここからでも良かったら参加してくださいね。

三年という先の長い作業。
時がかかるけれど、
そろそろ鏡餅くらい餅つき機に任せずに自分の手で搗きたい。
自分の育てた臼で。


さて、、、

しばらく餅のことを考える時間が多くあり、
それはひたすら餅の食べ方のことでした。
おろし大根、納豆、あんこ、きなこ、、、
オーソドックスな食べ方はすぐに頭に浮かぶけれど、
これ以外の食べ方でスタンダードになったものが思い浮かばない。

ポテンシャルはあるのに、食べ方が画一的?

餅ピザがあるように、
トマトソース的なものはどうだろうか?

ニョッキみたいにもできるかもしれない、、、

そもそもご飯と同じ考えで、ご飯のお供なら混ぜやすくすればいけるかもしれない、、、

無限大に想像膨らむ。
ああ、最高。
みんなでついた餅で、あれこれ試作しながら食べるのもいい。

レシピ募集中!

三年目、臼と杵が仕上がるタイミングで、
もち米づくりができればいいなと夢想中。


DSC_1947.jpg
4本中3本は欅特有の後光(五光?)割れ(ゴコウワレ)という現象でチェーンソーで切ったそばからパキパキ音を立てて割れてしまった。ひびが強すぎて使えず。

DSC_1950.jpg
模様はきれいなんだけど、、、

DSC_1943.jpg
この一本が筋が良く、使えた。


DSC_1954.jpg
60センチにまっすぐカット。


DSC_1965.jpg
大中小、合わせて5本が取れた。これを一年乾燥~


DSC_1968.jpg
模様のいい部分を厚さ10センチほどにカットしてもらい、お土産に。テーブルか何かに使おう。嬉しい。


DSC_1907.jpg
盛ちゃん、ジョージ君、カール



前のページ 次のページ

FC2Ad