ハナムスビ オフィシャルブログ

豆料理のレストランを経て、ここ伊那谷で生活を一からスタート 自然の循環の輪に入れさせてもらえるうよう

生は肌感覚。ライブだね。

身体を使って「生活」をする、、、
伊那谷へ来てなおさら気づかされるわけです。

この生を肌感覚で堪能できるって最高の贅沢だな、と。

無心に土木作業をして汗流して、
種蒔いて、
草刈って、、、

春も半ば、
伊那谷はこれまで肌寒かったのが一気に暑くなり、
地温がグイグイ上がっている。
草木がアレっという間にで伸び、芽を出して、場の勢力を競い合っている。

感じる。
春はヒョイヒョイ身体動くし、、いつスタート切ってもいい状態がある。
アドレナリンが精神安定のセロトニン(冬はセロトニン優位に感じる)を抑え、徐々に興奮度を上げてくれる。

半面、一年分の糧をきちんと得るための準備と、
多くの生命(特に稲)に関与するという責任感があり、
時に大丈夫か?と不安になったり、
いやいや心配ない!と言い聞かせたり、
実際ちゃんと育って一安心して、
一喜一憂という、ヒトのヒトたる喜劇のようなことをやっている。
経験こそ自信につながる。

こうやって経験がヒトを成長させてくるのだなあぁ、と感じ入るばかり。

生活と身体の使いにフォーカスすると生きる充実感が増していく。

「めんどうくさい」
を卒業しよう。ただの脳の問題だから。
可能性が無限に広がるし、気持ちいい。

明後日、
土曜日から月曜日にかけて田植え。

このためにトレーニングしてきたし、
田植もトレーニングそのもの。
肉体が強くなる。
(安定感がぐっと増す。ぬかるみで足が取られる中での作業はバランスをとりながら踏ん張りつづけることになるから)

そう、
いつでも何でも来なさい!

というフィジカル。

家族と、親戚、稲作に一緒に携わった人たち、
子どもたち、生まれ来る命、、、
そしてご先祖さまへ。

あらゆる成長と感謝の米となるように

というマインド。

心地いい緊張感が胸の内側で、まだかまだかとソワソワしている。

生は肌感覚、
ライブだね。


カッコウが鳴いたら

カッコー カッコー
裏の林から響くカッコウの鳴き声。

カッコウが鳴いたら豆を蒔く

と教えてくれたのは、伊那谷に移住して長い友人だったかな。
(この場合の「豆」は大豆だと思うけど、ちょうど2日前に枝豆の種をカズさんは蒔いていた。)

カッコウが鳴いたら霜が降りない合図らしい。
今年の桜は開花がずいぶん遅かったし、
5月に入っても、朝晩は冷えて「霜に注意しましょう」というお知らせが何度もあった。
最近は確かに大地の温度が上がったのか、野菜たちもどんどん芽が出ている。

IMG_6907.jpg

畑もにぎやかになってきたし、ポットでも定植を待つ子たちがずらり。


大豆と言えば、先週やっとお味噌の仕込みが終わった。
東京にいたときは「大寒から立春まで」を意識して仕込んでいたけれど、
ここ長野ではあまり早く仕込むと凍るということ
また今年は出来る分はハナムスビ米から麹を作りたかったこともあり、
暖かくなってきた3月から5月にかけて
ひよこ豆味噌、去年育てた大豆と地元で購入した米麹の味噌、育てた大豆と自家製麹の味噌
順々に仕込んでいった。

IMG_6576.jpg

温度管理が難しかった麹

IMG_6580.jpg

こちらはひよこ豆ダンゴ
大豆のときは娘、息子も握ってくれた。


お味噌の仕込みが終わった途端、大豆の種蒔きを考えるときなのか…
田舎生活、忙しい。
でもこうして自然の営みに合わせて動くということは、
仕事に追われる忙しさとはやっぱり違う気がする。

カッコウは、お客さんがいない例えで使う「閑古鳥」という呼び名もある。
それは人のいない山里で響く鳴き声がもの寂しく聞こえるから、
という理由らしいけれど、今朝聞いた鳴き声はむしろ喜びを運んでくれるような鳴き声だった。

IMG_6958.jpg

景色も変わってきました。
近所の田んぼでは次々に水が入り、ところどころ既に苗が植わってます。

ハナムスビの田んぼは5月27日にお田植え予定!



場と一つになるという健康 菌と親密になる

生活を愉しむ

これに尽きますね。

身体を整え、生活における多彩な動きをこなし、
生活を豊かにするためできるかぎり自分で創作する。

生活と身体の動き。
健康の王道です。

手間暇はかかるけれど、それ以上の歓びが必ず得られるから。


My醤油、三週間前に仕込みました。

隣町、高遠を中心としたメンバーに入れさせてもらい、
念願の醤油づくり!

お味噌より難易度が高いから、なかなか手が出なかったけど、
いいタイミングで声をかけてもらいました。

オーガニックの大豆、麦で麹を起こしてあるからとても安心。
そして参加者の方たちの話によると、
よほどのことがない限り美味しく仕上がるとのこと!!!

DSC_0695.jpg
しばらくは一週間に一度天地返しを。臭いがプ~ンとしていい!

DSC_0693.jpg

調味料の中で使う頻度の高いものの一つ。

何しろソバに使える。

ゆっくり熟成させ、
来年の生活の一部になる。
それを毎年繰り返す、、、

菌との生活は豊かだ。

身土不二(しんとふじ)

食養やマクロビなどでよく使われる言葉で、
身体と土は二つでない、一つだよ、という意味で、
その土地で採れた、旬の野菜を頂くのが健康の第一と言われている。

ところで僕は実は昔の人が直観していたのは、「土」でなく、
「菌」だったんじゃないかと思うのです。

場というのは、
川や地下水が流れているから龍脈がある。
気の流れですね。
あるいは磁場、
山の高低差、谷である場合や丘である場合で磁場が変わってきます。
それに伴う風の流れ方。
陽の当たり方、地質、さまざまな要因で「場」の醸し出すリズムが違います。

そこに生命があります。
森があれば、木々の壮大なエネルギーが放出されます。
それでもそこが整備されているか、荒れているかでエネルギーの質も変わってくる。
人がどうするとか以前の場はパワースポットと呼ばれるように、
場が木を巨大にしたり、完全な調和のとれた空間に仕上がっていくのでしょう。

目で見えるものが全てではない。

パワースポットのように森の一部が調和を取って存在するのも、
場が荒れるのも(これは人為的なところもあるけれど)、
最も原始的な存在である菌の存在を無視できない。

そう、僕らヒト、あるいは木などの存在以前から菌は存在し、
今も僕等の周りに何兆、何京、数えるのがバカらしいほどに存在しているのです。

それは口の中、腸の中、
あるいは常在菌といわれるように、
身体全体に、服を着るその手前に菌群をまとっている。

健康な整った腸を見ると約100種類100兆個の菌たちが、
お互いに場を侵さない限りで美しく存在しているようです。
これを腸内フローラといいます。

それは腸に限ったことでなく、自然界のすべてでその作用が働いている。
生命が美しく育つには、腸内環境を整えるのと同じで菌群が美しい形で存在しているのが条件でしょう。

だからパワースポットと呼ばれる場は、
気の流れ、磁力、そして菌群の調和が整っている場を言うのだと思います。
あれだけの巨木を育てるには、やはり菌群を無視できない。
(人が住むにはエネルギーが強すぎるけど)

さて、菌群。
僕らは生活をするための場がある。
上記から、健康、調和の取れた生き方をするには、
(もちろん場選びが最も重要だけど)
その場の菌群と共生していくことが大切でなのです。

ましてや除菌、除菌、とスプレーをかけまくっている生活は、
場と一切調和しまいと、戦いつづけているので一向に健康にはなれません。
やはり共生がこれからの時代の健康観には欠かせない。

場の菌群とどう共生するか?

これがヒトの食生活が作り上げてきた大きな叡智です。

発酵食

その場で自分で作って、
その場の菌群に働いてもらい発酵し、熟成し、
それをいただく、、、

そこで場と私が一つになります。

同じように味噌を作っても個々で味が変わるのは、
その場の菌群の組成によってくるからです。
つまり場のリズム、これが発酵という作用によって転写するのです。

だから、田舎に住んでいようが、都会に住んでいようが、
発酵食を自分で、その場で作ることは、
腸内環境だけでなく、
その場と私が一つになる行為としてとても重要なのです。

これが身土不二の隠された大きな健康観。

発酵ライフ始めよう!
場と一つになろう!

豊かになれる。

畑で育つもの

急な冷えが入り込みつつも、暖かさが増している信州の春。

梅やレンギョウ、木蓮、ミツバツツジ。
道端にはスイセンが並び、一気に華やかに。
雪の残るアルプスを背景に桜も満開になりました。


IMG_6859.jpg

テラスからの眺め。


そんな景色の変化を楽しみつつ
始まりました、150坪の畑!

今年の目標は「欲張らない」
・・・だったはずですが、結局去年とさほど変わらない種類を作ることになりそうです。

今年は1歳3ヶ月になる息子との作業。
土を耕すのも、種をまくのも、雑草を取るのも
おんぶでやるにはお互いに窮屈で、畑に下ろしてみた。

少し前に、野外での自主保育のグループに参加したとき
砂場遊びを楽しんでいた息子。
えんえんと地べたに座って、指から砂をこぼしたり、石を拾って並べたりしていた。
まだ花や葉っぱを渡すと口に入れてしまうけれど、
どうやら砂や石、土は遊ぶ対象で食べないようす。

そんな姿を見ていたので、畑でも大丈夫かなと思い試してみたら
案の定、親が作業している間、飽きもせず土と戯れていた。
もちろん手も足も洋服も泥だらけ。

上の娘は幼児期にあまり砂遊びが好きでなかった。
こちらに来て、ようやく泥だんごづくりなどをするようになった。
昔は洋服が汚れるのも嫌がっていたし、ずいぶん潔癖症でなくなった。
母親(私)の育て方も影響していると思うし、泥だらけになる環境がそこにはなかった。

それに比べて息子…まるで動物を放し飼いしている感覚になる(笑)
春、夏、秋。季節と共に息子の畑での過ごし方も変わるんだろうな。

現在のところ

さといも、じゃがいもを植え
ほうれん草、ルッコラ、サニーレタスの種をまき
スナップエンドウを定植し
トマト(サンマルツァーノ)、水ナス、すいか、ハーブ数種の苗づくり

控えているのはトウモロコシやモロヘイヤ、かぼちゃ、こんにゃく芋、夏野菜たち。

畑で育つ、野菜と子ども。どちらの成長も楽しみです!!

17918827_1785436078451862_164989517_n.jpg








『うみやまあひだ』上映会を開催!

4月8日
ハナムスビ再開を祝し、伊那谷に住む15名の方を招いて
ご挨拶ならびに『うみやまあひだ』の上映会を開催しました。

うみやまあひだ

木々を扱ったり、動物と共生したり、農業を営んだり、
すでに「自然」を身近に生活する面々。
『うみやまあひだ』のメッセージは溶け込むように心に入っていったと思います。

自然の恩恵なくては今の生活がないということを
頭で知っているのと実感しているのでは全然違うと学ばされます。

不動前のハナムスビのときもそうでしたが
ここ伊那谷においても、人が人を呼び、ありがたいことに協力者がどんどん増えていきます。
賛同してくれる方、一緒にイベントを企画できる方、
人のつながりがないと何も始まらない。
まさに「ムスビ」の力。

お豆のサラダ、ひよこ豆のペースト、ひじきサラダなど
ハナムスビならではの軽食を愉しみながら
初対面の方、すでに知り合いの方、話は尽きませんでした。

しなやかな身体をつくるために
伊那谷ならではの
内側、外側からのアプローチを試みていきます。


前のページ 次のページ

FC2Ad