ハナムスビ オフィシャルブログ

豆料理のレストランを経て、ここ伊那谷で生活を一からスタート 自然の循環の輪に入れさせてもらえるうよう

木の姿勢 

さて、姿勢は生きることと同じで、
それは木から学べると前回書きました。

実際に身体の使い方を書いていきましょう。

下から。

ポイントは足の全ての指がしっかり使えているかどうか。

これ、意外なことに難しい人が多いんです。
特にヒールを履きなれていると足指を自在に動かせない人が多い。

さらに最近の靴。
テクノロジーを駆使し、
様々なショックを吸収、支持して、バランスを保ち、
歩きやすく、疲れないことを重視している…

引き換えに
本来あったバランス感覚の機能を落とし、
蹴る力が弱くなり、素足だと疲れやすくなっているのです。

難しいことはありません。
本来の姿勢を取り戻すためにまずやるべきことは、
退化していきそうな機能を目覚めさせることです。
「起きろ~!」とばかりに。

最近の靴は「足指」の機能の肩代わりをしてきました。
歩くときに足を蹴る力、
からだの均衡を取るためのバランス。

足指は立位において、力とバランスに重要な地位を占めています。

ここが使えなくなると、
すなわちぐらつきます。

さあ、取り戻しましょう。
身体感覚は使っていないと退化しますが、
眠っているだけです。

神経回路が再度通り始めればすぐに戻ってきます。

簡単なのは
土の上を歩くことです。
あるいは砂場でもいいですね。

土の上を歩くということは
平らでないところを歩くことにもつながりますから、
必然的に足指を使ってしっかりとバランスをとらないとなりません。

そうなると、足指の細かい筋肉が鍛えられるし、
かつ、普段働いていない神経回路が通り、
脳の命令と身体感覚がスムーズにいき
反射神経が速くなっていきます。

余談ですが、
土の上をはだしで歩くということは、
アースするともつながります。

人体は微弱ですけども電気が流れているので、
通りが悪くなることもあります。
とくに都会での生活はコンクリートの上なのでなかなか整いにくい。

稲作をしているとき、
土に足を入れた瞬間、
溜まっていた何かがスッと流れる感覚があります。
超気持ちいいんです。
「アースしたな」
と感じるときです。

土の上を歩くという利点はたくさんありますよ!

さて、
木の姿勢はイメージも大切です。

足指が母なる大地を軽くつまみ、
大地に根を張っているというイメージ。

足指を使う訓練をしつつ、
かつこのイメージをものにしたら、
もう簡単にぐらつきません。
からだもこころも。

グランディング。

地に足をつけるとは、
身体感覚から。

木の姿勢。
まずは足指の訓練を!

分からないことがあれば何でもお聞きくださいね。

いい生き方は、いい姿勢から。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hanamusubi87.blog.fc2.com/tb.php/99-d538c5bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【木の姿勢 】

さて、姿勢は生きることと同じで、それは木から学べると前回書きました。実際に身体の使い方を書いていきましょう。下から。ポイントは足の全ての指がしっかり使えているかどうか。...

  • 2012/05/06(日) 04:34:17 |
  • まとめwoネタ速neo

FC2Ad