ハナムスビ オフィシャルブログ

お豆のレストランをはじめに、こころ・からだの健康を提案していきます。愉しいこと、気持ちいいこと、嬉しいことを健康から!

救世主 お豆

さて、お豆がどれだけ素晴らしいものか紹介しましょう。

現代の救世主、お豆。
これは決して大げさではありません。

一世代前だとヒローはロックスター。
ジミヘン、ボブ・マーリー、ジョン・レノン、ジェリー・ガルシア…

もう少し前だと革命家、活動家。
チェ・ゲバラ、マハトマ・ガンジー、マーチン・ルーサーキング…

現代は…

お豆。

笑ってはいけませんw

何か閉塞感が社会に充満するとき、
現状を打ち破るべき“誰か”が現れるのは“人”とは限りません!

僕はお豆に救世っぷりを見出しました。
みんなが食べれば、個々が健康になり、かつ世の中が良くなる。
偉大なるお豆さん。

では、健康面から。

・大豆をよく食べる地域では一様に血圧が低い、コレステロール値が低い、
 肥満が少ない、心臓病やそれによる死亡が少ない。
→メタボリック(肥満、高血圧、高脂血症、動脈硬化など)に有効!

・大豆たんぱくは腸内でコレステロールと結びつき便に出す。
 しかも食物繊維が豊富なので便が調子よくなる。
→大腸がんに有効!

・味噌汁を一日三杯飲む人の乳がん発生率は40%減という研究結果がある。
 大豆に含まれるイソフラボンが長期エストロゲン被ばくから守る!

・脳内安定物質セロトニンの前駆物質トリプトファンが多く含まれているので
 心の安定にもつながる!

・その他、更年期障害の症状を抑える、骨粗しょう症の発生を抑える、
ほとんどのがんの予防、抗酸化による若さ維持、お肌のうるおいを守るなど・・・

どうです。

現代問題とされている病気のほとんどに効果があるのです。
これは病気になってから薬として効くという意味ではなく、
未病と言って、普段から食べていれば、
その病気になりにくい体質になるということです。

かつ若く、イキイキすると…

さあ、お豆を食べましょ。
食べて、生命力アップして毎日を愉しいものにしましょ。
そして世の中が、環境が良くなればこれほど素晴らしいものはないじゃないですか!
それがお豆には可能なのです。
現代の救世主…

次回はお豆を食べることで環境に、社会が良くなるということを説明します。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hanamusubi87.blog.fc2.com/tb.php/96-f727f9b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad