ハナムスビ オフィシャルブログ

豆料理のレストランを経て、ここ伊那谷で生活を一からスタート 自然の循環の輪に入れさせてもらえるうよう

姿勢 木に学ぶ

姿勢がいかに大切か。
これまで二回書いたのですが、
なかなか実際の姿勢がどうなのか?にたどり着きませんね。

そこで今日は姿勢の核心について書いていきます。

姿勢とは「生きる」と同義です。

僕ら人間は、身体という鎧を伴った精神的活動をする生き物です。

そこで、
身体は物質
精神は物質でない。

この相反するところから考えましょう。

物質は重力に引っ張られます。
これはよく分かりますよね。
モノを落とせば、地球の核に向かって行くということです。

身体も物質。
力を抜ききれば、母なる大地にペタとへばり付くはずです。

身体は大地に帰す、とよく言われるのは
いつか死んだとき、
物質である身体は母なる大地に戻っていくと考えられていたからです。
これもよく分かりますよね。

では、魂はどこに行くのか?

これは、上。
ここは誰も証明のしようがありませんが、
なんとなく身体から魂が抜けると
上にいくと思っている人は少なくないのではないでしょうか?

何が言いたいのかというと、
「生きる」とは、
物質である身体が重力に引っ張られるられるのを、
魂が上へ、上へと逆の力で引き上げるということなのです。

小難しくなりましたが、
この関係が「生きる」=姿勢とつながっていくのです。

木を見てみましょう。

木は縦に伸びるので、
簡単に倒れないよう母なる大地にグッと根を張ります。
重力に対して不安定にならないように。

しかし、枝葉はエネルギーである陽の光を求め、
上へ、上へグングン伸びていきます。

木は僕らに重要な教えを語っています。

太陽に向かって伸びようとするチカラ。
そして大地にしっかりと根を張る安定感。

ここのバランス、
これが生きるということ。
そのバランス感が姿勢だということです。

「生きる」=姿勢
ハナムスビでは「木の姿勢」
が健康への第一歩(そんなに難しくありませんよ!)
だと考えています。

今ここにある実感を木の姿勢から!

確実にものにしていくと、
日々が充実していきます。

ゆっくりと書いていきますね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hanamusubi87.blog.fc2.com/tb.php/94-4e0c0c3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad