FC2ブログ

ハナムスビ オフィシャルブログ

豆料理のレストランを経て、ここ伊那谷で生活を一からスタート 自然の循環の輪に入れさせてもらえるうよう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田植えをしない5月を過ごす

今年は田植えしないけど、どんな気持ち?
ふと、7歳の娘に尋ねた。

「・・・なんとも言えない気持ち。」

はっきりとしない返事に、続けて聞いてしまう。
お友だちが来なくて寂しい?
ちょっとは田んぼに入りたい?
土日に遊ぶ時間が増えるから嬉しい?
自分たちのお米が食べられなくて悲しい?

娘は少し考え、全部そんなかんじだけど、と前置きして
「心の言葉は、言えないんだよ。
心の中では変な英語みたいな言葉でしゃべってるから、何か違うの」
と返ってきた。

そうなのか!

年齢よりしっかりしているし、話も大人びている娘。
ついつい油断していたけれど、確かに心の中のことを言葉に表すのって難しい。
語彙力、というだけでなく、気持ちを表現すること、相手に伝えること…
大人だって苦労する。

ましてや
人間関係や新しい体験を通して、複雑な感情を味わっているだろうお年頃、
「楽しい」「嬉しい」「悲しい」
と表すだけでは足りない、深い様々な気持ちを抱えているのでしょう。

ただ、それを「変な英語みたいな言葉」と言ってくれたことに、感心した。
それはたぶん、今の娘だからできる表現。
「お母さんは、心の中は日本語でしゃべってる?」と聞かれたけれど!
私も小さい頃は気持ちに言語を必要としなかったのかな。あぁもう覚えていなくて残念。

今年は(おそらく数年間は)ハナムスビでお米作りをしない。
それは、現在の家族の状況を考慮してのことだけど、
やっぱり寂しい気持ちはある。
やるかやらないか、どちらかしか選択できないし、
もし今年も稲作をしていたら後悔することになったと想像できる。

お米作りを「しない」ことにした理由は説明できるけど、
そのことに対する気持ちは私も複雑で、語るには時間を要する。

そして、思ったことを正確に表現するなんて実際にはできないんだよなぁと
気づかされた。

伊那谷来る前も、ずっとピースシードさんの田んぼを中心にお米作りに関わっていたから
子どもたちがお腹にいるときも、背中におぶってでも、田んぼに入って作業していたから
こんな静かな4、5月を過ごすことはなかった。
(いや、十分やること満載ですけどね)

あちこちの田んぼに水が張られ、苗が植わっていく。
今年は、それを眺めるだけ。

美しいけれど、切ない。

DSC_0905.jpg

去年の青空と田んぼ




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hanamusubi87.blog.fc2.com/tb.php/562-e5f15664
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。