ハナムスビ オフィシャルブログ

豆料理のレストランを経て、ここ伊那谷で生活を一からスタート 自然の循環の輪に入れさせてもらえるうよう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飴は蜜にあらず

蜜は狩猟、飴は農耕なんだなと麦芽糖を作っていて思った。
飴づくりの化学反応を最初に発見した人と握手したい。
心をくすぐる知恵が詰まっていて、できあがりが甘く美味で、ほころぶ。

飴の語源は「あま(甘)」から来てるそうな。

それをなめて「あめ~!」lとなったのだろうか、、、

糖質は舌にのせた瞬間、脳を刺激して快楽物質を放出させるのでよく薬物に例えられる。

これを報酬系という。
自然の甘みイコールエネルギー。食にありついて生を全うするためには最小の消費エネルギーで最大の摂取エネルギーを獲得することが重要になる。何でも食べれば良いという訳ではない。必要なものは何なのか?それを見極めるため進化は報酬系という脳の仕組みをつくった。

「ハイ、今食べたその果物、正解!!!糖質がたくさん含まれている。それはエネルギーに代わるからよく憶えておけ。正しい行為だから脳に快楽物質を出してあげよう」

ブゥワ~~~~~~~と脳内に気持ちいい物質が充満する。

生きていくために必要なものを正しく摂れているか?
これを知らせてくれるのが報酬系。
糖質はその最たるもの。摂れば「それは正しい!」と快楽物質を放出してくれる。

そう、ダイエットが難しいのは報酬系との闘いだから。悠久の、連綿と築き上げてきた生死を分ける生理システム。もっと!もっと!と要求してしまう仕組みに、容易に打ち勝てない、、、

甘み、、、

豪華で喜びで笑いで幸福の魔法。

昨年大麦を育てたのは、近年砂糖に(今は人工甘味料だけど)その座を奪われるまで、古来から蜂蜜と双璧をなした麦芽糖(水飴)が作りたかったから。

みんなが喜び、福福しくなる。

DSC_2187.jpg
浸水。3日間プクっと膨らむまで。

DSC_2208.jpg
さらしにしっかり水を含ませて充分に膨らんだ大麦を敷く。上からも濡らしたさらしをかける。

DSC_2218.jpg
次の日から発根。三日くらいたてば発芽してくる。ひょろ長いのが根。黄緑色した角が芽。愛着のわくカタチ。

DSC_2222.jpg
一週間も経てばワッサワサ。種の三倍程度に芽が延びたとき、種自身の持つ糖化酵素が最大限になる!
酵素が最大限になったとき、内包している炭水化物を分解し糖を生産して自身を成長させる。この生のダイナミズム!神秘を感じる。

DSC_2223.jpg
大豆だけでなく、穀物も芽が出て葉になる前の状態をモヤシという。ワッサワサのモヤシ。

IMG_20180227_084258.jpg
種という休眠状態から生へ。

DSC_2226.jpg
ここで一気に乾燥させる。生をヒトの手で強引に止めてしまう。ああ、ああ、、、

DSC_2249.jpg
完全に乾燥させたらすりこぎでゴリゴリと種を割るように。ミルで粉砕すると書かれているものが多いが、熱を与えてしまうとそれこそ酵素が死んでしまうのでは?と思ったので、ここは丁寧に。

DSC_2250.jpg
大麦2カップ半に対して、もち米1キロ。3リットルの水で炊き上げ、そこに砕いた発芽大麦を混ぜる。

DSC_2251.jpg
6~8時間、60度をキープ。すべての作業の中でここが一番大変。量が少なければジャーでいけるのかもしれないけど、今回は薪ストーブの上に鍋を浮かした状態でおき、うまく60度をキープした。入れてすぐに大麦の酵素で糖化が始まり、シャビシャビになっていく。化学だ!

DSC_2261.jpg
7時間後、さらしで絞る。もち米は分解され、繊維状になっているので絞りやすい。白濁で青臭い。

DSC_2262.jpg
へらからダラ~~っと糸が引くまでとにかく煮詰める。ひたすら煮詰める。

DSC_2263.jpg
1リットルくらいとれたのだろうか?かなり少なくなった。

あめ~~~!
砂糖の30%の甘み、糖質の中でも上品な甘味と言われるだけあって、口に含んでからゆっくりと幸福が訪れる。何と美味しいことよ!
懐かしさも添加される。

そしてこの労力。
費やす時間と熱量がたやすくない。それほどにまで追い求める甘味。
生きる上では必要のないものだ。米食べていれば事足りるし、わざわざ、、、

この、わざわざが笑顔につながり幸福となっていく。
贅沢品だね。嗜好品と呼んでもいい。

今やそれは砂糖に代わり、砂糖は人工甘味料となった。

飴と比べてなんとお手軽に糖質が取れてしまうのだろうか!!!

貴重で希少で贅沢な飴。
糖を深く感じることができた飴づくりだった。

赤子の便秘解消にもいい。
子どものおやつ、割りばしでネリネリしてもいい。
みたらし団子、自分のおやつにグラノーラバーを作ろう。

飴づくりは奥が深く、手がかかるだけで難易度は低いので手作り、超おススメです。

コメント

アトナビでお世話になりました。
駒ヶ根市の寺澤です。
実は最近駒ヶ根市に戻り、自然食のお店で働くことになりました^^
祖母の民宿で使っていた食器類など引き取っていただけるかたを探していたりします。
もしよろしければ1度お話を伺いにお邪魔したいのですが、お時間いただくことは可能でしょうか?
その際はメールアドレスにご連絡いただけると幸いです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2018/04/18(水) 08:50:47 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hanamusubi87.blog.fc2.com/tb.php/560-500948c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。