ハナムスビ オフィシャルブログ

豆料理のレストランを経て、ここ伊那谷で生活を一からスタート 自然の循環の輪に入れさせてもらえるうよう

慣れ

7月に入り、初採れ夏野菜のめぐみ!が続いている。

甘かったスナップエンドウが終わり、
ピーマン、レタス、パクチー、トマト、きゅうり、ズッキーニ、じゃがいも。
「あ、できてる♪」の連続、喜び。

ピーマンはまるごと炭火焼。
きゅうりは自家製の梅味噌つけて丸かじり。
ズッキーニは塩でもんでポン酢和え。
じゃがいもはふかして塩(醤油)バター、そしてフライドポテト。

これらはまだまだ収穫できる。なにをつくろう。

ナス、オクラ、サンマルツァーノ、トウモロコシ、モロヘイヤ。
まだ食べられる段階ではないけれど、日に日に育っている野菜たちもいる。

畑で採れたものをすぐに食べられる幸せ。

でも一方で、この喜びや興奮の度合いが、去年よりも減っていることも感じている。

春後半の気温がなかなか上がらなかったり、雨が降らない期間が長かったりの影響か
今年の野菜たちは少しだけ元気がない。
新鮮でも味がイマイチのものもある。
そういう理由もあるかもしれないけれど、
「自分たちの畑で採れた野菜のみずみずしいこと!美味しいこと!感動!!」
といった盛り上がりがちょっとばかり足りない今年の夏。

野菜を育てることが生活の一部になった、とも言えるし
単に慣れてしまった、とも言える。
そういえば初収穫した野菜たちの写真も撮っていない。

もったいないなぁ…
作業や営みには慣れて、喜びには慣れないでいたいけど。
そんなの無理かな。

小学生になった娘も、当初の新鮮さや意欲が落ち着いてきて、
慣れたゆえの手抜き感がちょこちょこ見える。
もちろんそんなことは当然で、慣れることは悪いことではない。

でも、そう考えながら同時に想う。
今の平穏や、家族の健康や、この生活は当たり前ではないのだと。
どこにいても、何をしていても、今がずっと続くわけではない。

食卓に上る野菜たちのほとんどが畑で採れたものになる、夏の幸せ。
そうできることのありがたさをかみしめよう。そして子どもたちにも伝えよう。
そして、今日も元気に過ごせることに感謝です、と改めて思う。


IMG_7260.jpg

こちら、6月30日の収穫

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hanamusubi87.blog.fc2.com/tb.php/548-9e5f49a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad