ハナムスビ オフィシャルブログ

豆料理のレストランを経て、ここ伊那谷で生活を一からスタート 自然の循環の輪に入れさせてもらえるうよう

カッコウが鳴いたら

カッコー カッコー
裏の林から響くカッコウの鳴き声。

カッコウが鳴いたら豆を蒔く

と教えてくれたのは、伊那谷に移住して長い友人だったかな。
(この場合の「豆」は大豆だと思うけど、ちょうど2日前に枝豆の種をカズさんは蒔いていた。)

カッコウが鳴いたら霜が降りない合図らしい。
今年の桜は開花がずいぶん遅かったし、
5月に入っても、朝晩は冷えて「霜に注意しましょう」というお知らせが何度もあった。
最近は確かに大地の温度が上がったのか、野菜たちもどんどん芽が出ている。

IMG_6907.jpg

畑もにぎやかになってきたし、ポットでも定植を待つ子たちがずらり。


大豆と言えば、先週やっとお味噌の仕込みが終わった。
東京にいたときは「大寒から立春まで」を意識して仕込んでいたけれど、
ここ長野ではあまり早く仕込むと凍るということ
また今年は出来る分はハナムスビ米から麹を作りたかったこともあり、
暖かくなってきた3月から5月にかけて
ひよこ豆味噌、去年育てた大豆と地元で購入した米麹の味噌、育てた大豆と自家製麹の味噌
順々に仕込んでいった。

IMG_6576.jpg

温度管理が難しかった麹

IMG_6580.jpg

こちらはひよこ豆ダンゴ
大豆のときは娘、息子も握ってくれた。


お味噌の仕込みが終わった途端、大豆の種蒔きを考えるときなのか…
田舎生活、忙しい。
でもこうして自然の営みに合わせて動くということは、
仕事に追われる忙しさとはやっぱり違う気がする。

カッコウは、お客さんがいない例えで使う「閑古鳥」という呼び名もある。
それは人のいない山里で響く鳴き声がもの寂しく聞こえるから、
という理由らしいけれど、今朝聞いた鳴き声はむしろ喜びを運んでくれるような鳴き声だった。

IMG_6958.jpg

景色も変わってきました。
近所の田んぼでは次々に水が入り、ところどころ既に苗が植わってます。

ハナムスビの田んぼは5月27日にお田植え予定!



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hanamusubi87.blog.fc2.com/tb.php/542-70ddbb9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad