ハナムスビ オフィシャルブログ

豆料理のレストランを経て、ここ伊那谷で生活を一からスタート 自然の循環の輪に入れさせてもらえるうよう

場と一つになるという健康 菌と親密になる

生活を愉しむ

これに尽きますね。

身体を整え、生活における多彩な動きをこなし、
生活を豊かにするためできるかぎり自分で創作する。

生活と身体の動き。
健康の王道です。

手間暇はかかるけれど、それ以上の歓びが必ず得られるから。


My醤油、三週間前に仕込みました。

隣町、高遠を中心としたメンバーに入れさせてもらい、
念願の醤油づくり!

お味噌より難易度が高いから、なかなか手が出なかったけど、
いいタイミングで声をかけてもらいました。

オーガニックの大豆、麦で麹を起こしてあるからとても安心。
そして参加者の方たちの話によると、
よほどのことがない限り美味しく仕上がるとのこと!!!

DSC_0695.jpg
しばらくは一週間に一度天地返しを。臭いがプ~ンとしていい!

DSC_0693.jpg

調味料の中で使う頻度の高いものの一つ。

何しろソバに使える。

ゆっくり熟成させ、
来年の生活の一部になる。
それを毎年繰り返す、、、

菌との生活は豊かだ。

身土不二(しんとふじ)

食養やマクロビなどでよく使われる言葉で、
身体と土は二つでない、一つだよ、という意味で、
その土地で採れた、旬の野菜を頂くのが健康の第一と言われている。

ところで僕は実は昔の人が直観していたのは、「土」でなく、
「菌」だったんじゃないかと思うのです。

場というのは、
川や地下水が流れているから龍脈がある。
気の流れですね。
あるいは磁場、
山の高低差、谷である場合や丘である場合で磁場が変わってきます。
それに伴う風の流れ方。
陽の当たり方、地質、さまざまな要因で「場」の醸し出すリズムが違います。

そこに生命があります。
森があれば、木々の壮大なエネルギーが放出されます。
それでもそこが整備されているか、荒れているかでエネルギーの質も変わってくる。
人がどうするとか以前の場はパワースポットと呼ばれるように、
場が木を巨大にしたり、完全な調和のとれた空間に仕上がっていくのでしょう。

目で見えるものが全てではない。

パワースポットのように森の一部が調和を取って存在するのも、
場が荒れるのも(これは人為的なところもあるけれど)、
最も原始的な存在である菌の存在を無視できない。

そう、僕らヒト、あるいは木などの存在以前から菌は存在し、
今も僕等の周りに何兆、何京、数えるのがバカらしいほどに存在しているのです。

それは口の中、腸の中、
あるいは常在菌といわれるように、
身体全体に、服を着るその手前に菌群をまとっている。

健康な整った腸を見ると約100種類100兆個の菌たちが、
お互いに場を侵さない限りで美しく存在しているようです。
これを腸内フローラといいます。

それは腸に限ったことでなく、自然界のすべてでその作用が働いている。
生命が美しく育つには、腸内環境を整えるのと同じで菌群が美しい形で存在しているのが条件でしょう。

だからパワースポットと呼ばれる場は、
気の流れ、磁力、そして菌群の調和が整っている場を言うのだと思います。
あれだけの巨木を育てるには、やはり菌群を無視できない。
(人が住むにはエネルギーが強すぎるけど)

さて、菌群。
僕らは生活をするための場がある。
上記から、健康、調和の取れた生き方をするには、
(もちろん場選びが最も重要だけど)
その場の菌群と共生していくことが大切でなのです。

ましてや除菌、除菌、とスプレーをかけまくっている生活は、
場と一切調和しまいと、戦いつづけているので一向に健康にはなれません。
やはり共生がこれからの時代の健康観には欠かせない。

場の菌群とどう共生するか?

これがヒトの食生活が作り上げてきた大きな叡智です。

発酵食

その場で自分で作って、
その場の菌群に働いてもらい発酵し、熟成し、
それをいただく、、、

そこで場と私が一つになります。

同じように味噌を作っても個々で味が変わるのは、
その場の菌群の組成によってくるからです。
つまり場のリズム、これが発酵という作用によって転写するのです。

だから、田舎に住んでいようが、都会に住んでいようが、
発酵食を自分で、その場で作ることは、
腸内環境だけでなく、
その場と私が一つになる行為としてとても重要なのです。

これが身土不二の隠された大きな健康観。

発酵ライフ始めよう!
場と一つになろう!

豊かになれる。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hanamusubi87.blog.fc2.com/tb.php/541-b4a576b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad