ハナムスビ オフィシャルブログ

お豆のレストランをはじめに、こころ・からだの健康を提案していきます。愉しいこと、気持ちいいこと、嬉しいことを健康から!

ハナムスビの誕生日

ハナムスビ お豆のレストランが不動前にてオープンしたのは
5年前の2月22日だった。

伊那谷にフィールドを移し、2年半。
住宅兼店舗探し、そして改装。新しい命の誕生、そして0歳児のいる生活。
実生活では、稲作、畑といった農作業、山菜採りや保存食づくりや手仕事など…
そんなこんなを経て、ようやく「ハナムスビ」を改めて始めるときが来た。

2017年2月22日。

事業届けとしては諸々を継続してあったので、形としては何もないけれど
2・22、私たちの気持ちの上で、この日をハナムスビ再開とした。
それから一ヶ月経ち、今更ですが私的なことを書いてみます。

ハナムスビ構想をカズさんから聞かされたとき、娘が1歳前後だった。
整体師としてやってきたし、いきなり飲食業を営むなんて無理じゃないのかと思った。
それに、それまでは何にでも挑戦できるような気がしていたけれど、
子どもがいる自分の動ける範囲というものはとても狭いと理解しているときだった。
(蛇足ですが、それを疎ましく思ったのではなく、逆に子どもが拓いてくれた世界もあります。
 ただ、実質的に「長く働く」「身軽に動く」「睡眠時間を削る」などができないという意味で限界がある、ということ)

最初は本当にできるか懐疑的だったけれど、協力者がたくさんいて実現できた。
ハナムスビはとても魅力的な場だったし、本当にあのときあの場で営めて良かった。

再開を考えたとき、やはり目の前には1歳の息子がいて。
私はあの頃と同じような理由で「出来ないこと」「無理したくないこと」がある。
今回は、子どもを含めた4人でのスタート。
ハナムスビとしての夢やカズさんの提案とすり合わないこともある。
具体的に整体以外の何が出来るのか、ハナムスビの姿を私自身が描けなかった。

そんな折、癌を患っていた知人が他界した。
秋の終わり頃、家族と過ごすための最後の退院が決まってすぐに連絡が来た。
冬になる前に遊びに行きたいんだけど、もうそっちは寒い?と。
春まで生きてられるかわからない、という。
体調が心配だけど来るなら歓迎するという旨の返事をしたら、
「行けるか分からないけど、そういう場を用意してくれているだけで救い」と返ってきた。

『救い』
それほど親しくしている人ではなかった。ほんの少しの期間、同じ職場で働いただけ。
ずっと福祉の仕事に従事して、人をつなぐことや場づくりに熱心だった人。
何をもって、まだ始動していなかったハナムスビを救いと思ってくれたのかはわからない。
その後連絡が途絶え、結局、彼の来訪はかなわなかったけれど。

このやり取り、お別れがあって
私は出来ないことを挙げるより、心の在り方を修正していこうと思った。
確かに子どもとの生活での制限、出来ないこともあるのだけど、
ハナムスビに関わってくれる方たちに心地よく過ごしてもらいたいという気持ちにまでブレーキをかけていた。
喜んでもらいたい、楽しんでもらいたい、癒されてもらいたい。ほんの少しでも役に立ちたい。
では、何をするのか。だから、これをしよう。そういう流れでいいんだよね。
時間とともに変化をしながらハナムスビが出来ることを模索しよう。

そんなふうに思えた2・22
ハナムスビの誕生日。

今年中にはリニューアルするハナムスビのホームページの文言をここに。

コンセプト より
ハナムスビはココロとカラダ、人と人、人と自然…。離れ離れになってしまったこれらを丁寧にムスブ場、新しいコミュニケーションを育てる場でありたい… そんな願いから生まれました。 ハナムスビはみんなに参加してもらうことで成長するお店です。

村プロジェクト 将来やりたいこと より
 それは平和で、幸福で、健康で、循環して、農に触れていて、いろんな人とモチツモタレツの関係ができていて、共に学び、成長していく村をみんなで創っていくこと。世界一ハッピーな村! みんなで生み出していきたいと思っています。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hanamusubi87.blog.fc2.com/tb.php/536-1b0b880b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad