ハナムスビ オフィシャルブログ

豆料理のレストランを経て、ここ伊那谷で生活を一からスタート 自然の循環の輪に入れさせてもらえるうよう

穀霊信仰とハナムスビの稲作

稲刈りが終わり、今年の課題が一つクリアできそうだ。
コメの完全自給!

と言っても諸経費やら何やらで市販のお米よりは高くつく。
場代、トラクターでの代掻き、機械レンタル、、、
来年は費用をもう少し下げていきたいけれど、
機械は自分のものではないし、
機械を使わないとなると時間がとられてしまうから、
その頃合が難しい。

できることはある。
来年につなげていこう。

今年も無農薬無施肥、ただただ草取りに追われた稲作だったけど、
やっぱり銀シャリを口に含んだ時の歓びは他に代えがたい。
うまい!
一粒一粒、ストーリーを内包した、美味しいお米ができた。
(もう一つの田んぼのお米、農林48号は乾燥中)

生まれたてのケイゴは問答無用、
母ちゃんの背中におぶられビシバシ草刈りに駆り出され、
イオリはもっともっと遊びたいだろうけど田んぼにとどめられ、
五月から八月まで家族総出だった。

いい。

それでいい。

僕らはそれを学びに来ているのだから。
それと、
僕らハナムスビが目指す米作りは、
コミュニケーションであり、
コミュニティーの再構築であり、
食品が工業製品であることへのカウンターであり、
良質な成長であり、
穀霊信仰であり、
共進化である!

東アジア圏では稲作が農の始まりだった。
農は狩猟採取と違い余剰分を創り出したので、
定住型の生活を発展させ、
都市を構築し、中央集権を生み出し、
現代につながる文化を花開かせた。

僕ら東アジア圏に住む者は、
お米と共進化しながら今に至る。
あらゆる文化はお米が採れたから発展した。

それがまぎれもない事実で、価値でもある。

古代からお米は霊的な力を持つとされ、
天皇即位時には神人共食といって、
お米を利用し神の領域へとトランスする儀式が未だにあるくらいだ。
穀霊信仰は僕らの基本。

日本という地に生きるということは、
好むと好まざるとにかかわらず、
そういう霊的な背景がバックグラウンドにあるということを忘れないでいたい。

だから僕らも、そんなストーリーを背負ったお米づくりをする。

今年はケイゴをはじめ、
多くの仲間に子供が誕生した(する)。
嬉しい限り。
そんな子供たちの離乳食の一発目に食べてもらいたいし、
お母さんの栄養に食べてほしい。
仏さまにお供えしてほしいし、
病気の回復食に使ってほしい。
あらゆる生活の世代を超えたつながりに僕らのお米が役立つと嬉しい。
そして多くの人の健康に、、、

今年は特に多くの仲間に携わってもらった。
田植え、草刈り、稲刈り。
多くの人がこのお米を育てることで、
その良質なエネルギーが次世代の子どもたちへ、
あるいは先祖様たちへの感謝へと繋がるはずだから。
この場を借りて感謝します。
ありがとう!

もっと、もっと。
そんなお米作りを目指して来年もがんばろっと。

とりあえず、大きく一息。

無事収穫できたことに感謝します。

食は生きるということ。
自分が納得のいくお米がとれることは、
生きることが肯定されるということ。

もっと真摯に高めていきたい。


DSC_0517.jpg


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hanamusubi87.blog.fc2.com/tb.php/524-07ccbbcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad