ハナムスビ オフィシャルブログ

豆料理のレストランを経て、ここ伊那谷で生活を一からスタート 自然の循環の輪に入れさせてもらえるうよう

はたらきかけ

ふ~~~~

冬がすぎ、あの薪割り1000本ノックがようやく終わったと思ったら、
今だ!とばかりに野菜の種まきが始まり、
ぎりぎりで田んぼが借りられることになって、
滑り込むように育苗を開始して、
呼吸する暇もなく田植えを終えたのが先週の火曜日。

田んぼに気を取られていると畑がどうにもならなくなる。
トマトは脇芽をいつの間にかグイグイ伸ばしているし、
草刈りを一巡したと思っていても、
最初に刈ったところは既にやりたい放題、、、

手に負えない、
っていうのは避けたい。
家族フル稼働で、雑草はまあ仕方ないとして、
まいた種は責任持てている。
みな、心地さそうに育っている。
生き物はバイブレーション、見て感じれば分かるもの。

田植えが終わり、やっとこさ畑に集中できるかなと思い、
ふ~~~~っと一息つくや否や、
田んぼの4分の1にグイグイひょろ長い葉を伸ばしている集団を発見!

ひえ~~~!

緊急発動が下された。

心の準備はしていたものの、
その量に圧倒。

聞くところによると、
前年、持ち主は病気がちで田んぼに手が回らず
ヒエをたくさん生やしていたとのこと。
ヒエは次年の子孫のため、種子を思う存分ばらまいたのだろう。
田んぼでよく声をかけてくれるおばさんも
「これはすごいね!」と嬉々として話してくれる。

IMG_20160606_070654.jpg

さて、どうする?

第二ラウンドのゴングが大きくなり響く。

相変わらずの星の下。
難題が立ちあがればこちらも嬉々として対応するのみ。

全てはトレーニング。
身体をフルに使い、脳みそを柔軟にして、
次、何か似たようなシチュエーションに出くわしたら、
今回乗り越えた経験、身体の使い、強くなった筋力、
持久力、弾性、脳の回転、発想を駆使して、
十分な対応ができる。

それが余裕につながるのよ。

そう、トレーニング。
日々、瞬間瞬間がトレーニング。
特にこういう生活をしていると、
身体を鍛え、心を育んてくれるような出来事が山のようにやってくる。

それを「また~~~?」と憤るか、
「よっしゃ、進化するための糧だ」と嬉々とするかで
全く違う人生を進むことになる。

そう、だから一見ネガティブな出来事が起ころうとも、
全てはトレーニングだと分かっていれば、それが花となり、
何年後かの果実となるんだ。

ヒエ群生。

周りの田んぼでは当然見当たらず。
除草剤がしっかり効いている。
田植えと同時にドバっと播く。

これの意味するところを探ると、
ヒエなどの田んぼに生える草は最初の除草が一番肝心だということ。
小さいうちにどれだけ抑えられるか。

僕らはどうするかというと、
今のタイミングでひたすら抜くしかない!
あたりまえです。

昔はそれこそ手でジャバジャバ土の表面を掻いて、
草を水に浮かしていたみたい。
除草剤の前は田車といって
稲の間通すと鉤爪がたくさんついた車輪がぐるぐる回って、
土を掻きまわし、草を浮かせるというものを使っていた。

有機農家とかではいまだに現役で使われている。

ただ、デメリットもそれなりにある。
・重い
・何度も往復しなければならない
・縦の稲間が除草できても、横の稲間がどうしても残ってしまう

メリットは多少根が張っていてもガリガリ行けるところ。

今、根が浅い状況ならば、表面を擦るようなもので対応できる。

去年は熊手を使ったけれど、
これは隙があり過ぎて、これだけ密生しているときは効力が落ちますね。
デッキブラシという手もあるけれど、
身体が前傾してしまうのと、
前後の動きだけなので横をやるときなどは持ち変えないといけない。
楽に、体力のロスをなるべく減らしたい。

そこで編み出したのが、これ。

ちょうどほうきとして使うには古くてしなりがなく、
どうにもならなかったけれど、
ヒエの群生を見て脳みそに電球が💡ピカッとライトニングしました。

ほうきの先を平らにカットして、
幅を25センチに。
これは今回植えた稲と稲のあいだがちょうどこれくらい。

IMG_20160608_090448.jpg

四列くらいを縦横、多少稲を掻いても大丈夫。
毎朝3時間くらいバシャバシャやっている。
これ、成績かなりいいです。
90%は取れますね。

IMG_20160607_075858.jpg

丁寧にやるので時間はかかるけれど、
最初が肝心。
大きくなったときには労力が三倍、四倍と取られていく。
無理してもここで時間かける、、、
しかないw

IMG_20160608_090508.jpg

全てはトレーニング。

姿勢を良くして、泥の中を一歩一歩。
バランス感覚と足指の筋肉が鍛えられる。
同時にあるもので道具を生み出すという発想は、
思考の枠を広げてくれる。

生き物と関わる。

自分の可能性や身体感覚、思考能力が増す、
つまり共進化することなんだけど、
それだけではない。

はたらきかける。
という行為がヒト特有なんだろうね、ある。

ハナムスビの米、野菜、生産物、ソバ、、、
はたらきかけ、がある。

子どもたち、これから生まれ来る子、僕らの先祖、
全ての関わりに幸福を、感謝を。
そして良縁に恵まれるように。

今年は友人三人に子どもが産まれる。
(まだいるかもしれないけど)
その子らの離乳食に食べてもらいたい。

そういうお米になるようにはたらきかけ。

さあ、明日も早い。

IMG_20160608_090601.jpg     


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hanamusubi87.blog.fc2.com/tb.php/509-43e94ed8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad