ハナムスビ オフィシャルブログ

お豆のレストランをはじめに、こころ・からだの健康を提案していきます。愉しいこと、気持ちいいこと、嬉しいことを健康から!

出産を前にして。

今年の抱負、想いを漢字一字に託す。
毎年の我が家&ハナムスビの慣習。
もちろんやりました。書初めで!

IMG_3914.jpg

イオリ姉さん、やる気満々。

もうすぐ来てくれる、大事な大事ないのち。
一年という長い時間を見据えつつ、
まずはニューフェイスの誕生に心躍らせる我が家です。

私の「根」は、
子どもの良い根になれるように。
地域に根づく活動が始められるように。
庭づくりをする。根菜をつくりたい。
根気を出す。
という気持ちから。

母乳で赤ちゃんを育てるから、私の食べるものが子どもの栄養になる責任。
創り出す環境や雰囲気も穏やかな明るいものにしていきたい。
来年度は年長さんのイオリ。
小学校に上がる前の特別なときを支え、応援したいし
こころの成長を一緒に楽しみたい。

地域との交わり方についても考えていきたい。
東京と違って、やっぱりこちらは近所づきあいが濃い!
皆さんがいろんなことを共有しているかんじがビシバシ伝わってきます。

私たちはまだまだヨソモノ感は拭えないし
長年の都会生活で染みついた考え方や感じ方は簡単には変えられないけれど、
それはそれ。
ここで生活するにあたって歩み寄り、新しい関係性は十分築けるはず。
何より皆さん本当に親切で!ありがたい限りです。

東京にいたときに、住んでいた区からの募集で
「地域と子育て」というテーマの講座の企画に参加した経験があります。
ちょうど社会福祉士の資格を取得したところで何かしたいと思ったのと、
子育てが始まったときの孤独感もきっかけのひとつでした。

子どもが生まれるまで「地域」なんて意識する機会はなかった。
仕事場が他者との交流の場であって、
まぁ同じマンションの人と挨拶はするけれど、それだけ。
でも赤ちゃんと二人の生活になったとき、
あれ?こんなに孤独なの?頼れるのは夫と実家だけなの!?という事態に陥る…
企画に参加した同年代のママたちみんなの共通する体験。
それを打開するときに「地域」というキーワードがあった。

でも「地域」と「自分」をいきなり繋ぐこともできない。
そんなとき「子ども」という存在は大きいことを改めて認識した思い出があります。

今、イオリが保育園に通っているからこそだろうけれど孤独感はない。
移住して第一子を産んだとしたらどうだったんだろう?
やっぱり孤独だったのかな?
それともご近所づきあい、地域の中で子育てができたのかな?

自分の経験を活かして困っている方や地域に貢献できればなぁと思います。

ところで、今回の出産にあたって本当に皆さんに助けられています。
お腹が張りやすいとちょっと話しただけでママ友さんたちはイオリをみてくれ、
ベビー用品は全くなかったのだけど、今やイオリのときより豊富にあります。
カタチだけでなく、あたたかい言葉、励まし、思いやりもいただいています。
「遠い親戚より近くの他人」というけれど、
遠い親戚、遠い友達から近くの友達まで、たくさんの方からのご厚意…
本当に恵まれています。ありがとうございます。

おかげさまでお腹の中で元気に動いています。
無事産まれるように、健やかに育つように、見守っていただければ幸いです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hanamusubi87.blog.fc2.com/tb.php/489-26d3f747
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad