ハナムスビ オフィシャルブログ

お豆のレストランをはじめに、こころ・からだの健康を提案していきます。愉しいこと、気持ちいいこと、嬉しいことを健康から!

食べるスケジュール

伊那谷は雪がすっかり消え(明日は雪らしい)、
陽の光の強さが増してきました。

いよいよシーズンが始まります。

啓蟄
虫たちは動き始めている模様。

僕らもうかうかしていられない。
身体を整え、
間違いなくグルグル動き回るだろう一年を
つつがないよう運営していかないとね。

さて、今年一年のスケジュールをざっと。

〇三月初旬、五月初旬
 味噌作り

三日前、味噌を仕込みました。
伊那谷では五月に仕込む人が多いので五月にも仕込む予定。
五月の味噌は麹を少なめにして、二年くらい熟成させてみようと企んでます。
味噌屋さんの話だと、その方が旨みが増すとのこと。

〇三月後半~五月初旬
 野草・山菜採り

コシアブラ、タラの芽をはじめ、こごみ、ふき、タケノコ
なんやらかんやら。
とにかく身体におぼえこませる。
食べられるもの食べられないもの。
薬草になるものなどなど。
伊那谷の健康茶なんてものもブレンドしたい。

狩猟採取のDNAを目覚めさせるのだ!

いいつつ、ソバと合わせたい気持ち満載。

〇四月後半、稲作の種まき
 五月中ごろ 田植え
 九月中ごろ 稲刈り

つまり、四月中ごろから九月中ごろまで
雑草取り、水の管理など、稲作期間。

全行程を単独で行うのは初めてなのでどうなることやら。
収穫後の銀シャリを想うと、
ノリで行くのか、味噌汁で行くのか、おしんこで行くのか、
はたまた梅干しなのか、
ああ、たまらない。

〇六~七月 
 梅干つくり

 そう、去年できなかったので久しぶりに家の梅干がなくなる事態に!
これは一大事。そのまま食べることは少ないけれど、料理には多用するので、
今年は多めに漬けたいところ。
 今まで紀州の大きな梅を漬けていたけれど、今年は伊那谷の梅で。

〇九月中旬~後半
 キノコ狩り、栗ひろい

 絶対にマツタケゲットじゃ!コウタケ、クロカワ、マイタケ、、、
 入れることができるアカマツ林を今のうちに捜査しないと。
素焼きを美味しい醤油で!

 栗はもう一度渋皮煮に挑戦。
 栗の一番おいしい食べ方だと思うけど手がかかる! 

〇十月中旬
 新そば

 香り立つ蕎麦。これをありがたくいただく。
蕎麦に失礼のない様、しっかり美味しく打てるよう技を磨かないと。
(ソバを自分で作るわけじゃないからスケジュールとはいえ食べるだけw)

〇十一月初旬
 干し柿作り

 命かけてます。
死ぬまで毎年美味しい干し柿をつくる!
あの甘味、たまらない。
僕の好みはオレンジ色のネチョっとしたのがあまりなく、
黒い部分が多く、上品なこしあんのようになっている干し柿。
近所の干し柿クラブに加入して干し柿談義をしたいけれど、
中々そんな方にお目にかかれず。
個々でやってるんだろうね。
気合充分。
毎日一個は食べたいから自分用に365個。
家族用に倍。
千個はかるくいきたいね。

〇十一月初旬~中旬
  たくあん作り、切干大根つくり

大根がドバっと出回る時期。
田中家は切り干し大根を多用するので、
とにかくワンサカ作る。
今年は凍み大根(しみだいこん)にも挑戦!

たくあん、、、
企んでいるのは、干し柿をつくるときに出る大量の皮を干して、
たくあんと一緒につけるというもの。
砂糖でなく、天然の甘みのみで作ってみたい。

〇十一月中旬
 野沢菜

長野といえば野沢菜。
これをやらずにはいつまでも非県民あつかい。
勝手にですが。

〇十二月二十九、三十,三十一
 年越しソバ打ち

 このための一年だったと回想したい。
 とにかく体を持たせ、精神・気持ちを十分に盛り上げていく。
 バシッときめる。

この間に自然農の畑の手伝いをしながら野菜作りを習う。

そしてその間に仕事をやりつつ、
居住するところが見つかれば引っ越したり手直ししたり。

カラダ一本。
十分な柔軟と血液リンパの循環。
毎日ちゃんと調整しないとね。

ビギナーは何でも忙しいもの。
何年もかけて無駄を削いでいって動きを最小限にするから、
これからしばらくは仕方ない。

食べることばかりの一年!
なんとも。

美味しい一年、
そろそろスタートですね~

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hanamusubi87.blog.fc2.com/tb.php/442-0b4130e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad