ハナムスビ オフィシャルブログ

豆料理のレストランを経て、ここ伊那谷で生活を一からスタート 自然の循環の輪に入れさせてもらえるうよう

忘れモノを取りに行く

僕らヒトは小さいけれど、
生きている証しとして、ヒト、世界、地球のことを想い、行動し、
それらを侵さない限りで幸福を追求していきたい。

ハナムスビは
幸福=ホリスティックな健康
という図式がある。

ココロ、カラダ
ワタシ、アナタ
環境、自然、、、

自分と、それを取り巻くヒト、環境が健康であってこそ、
ホリスティックな健康で、
それが幸福なんだ、今の時代に必要なことなんだ、
ということがベースに今の動きがある。

さて僕らは、
僕らの幸福、あるいは娘が大人になったときの幸福を考え伊那谷へ来た。

忘れモノを取り返すために。

311という現象が、
よりそのことを鮮明に、痛烈に語りかけ、警鐘を鳴らした。

僕らは次の時代へ、より良いステップをするために、
忘れモノを取りにいかなければならない。

忘れモノ

それは僕ら人類は土、太陽、水が育んでくれているモノに囲まれて、
それらを内に取り込むことで生きているということ。

単純な答え。
科学の進歩や資本の捉え方がどうしても、
そんな純然たる、ごくごく当たり前の自然のシステムに目隠しをする。

それを否定することは簡単だけど、
ハナムスビはその立ち位置を取らない。
(縄文に戻れとか、懐古趣味的な)

より良い未來への歩み方、
これを考えていきたい。

そのためには何よりも、
自分で食べ物を生産できる技術、
ひいては衣食住をある程度自分たちでまかなえる知恵、
を学んでいき、細胞に再びインプットさせることが、
新たな未来への一歩になる。
いや、それでないと脆弱な生き物になってしまう。

これらがベースにあってこその科学であってほしいし、
資本主義であってほしい。

忘れモノ
それは記憶の彼方の引き出しをもう一度開けるだけで、
そんなに難しいことではないと思う。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hanamusubi87.blog.fc2.com/tb.php/420-87c9e2f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad