ハナムスビ オフィシャルブログ

お豆のレストランをはじめに、こころ・からだの健康を提案していきます。愉しいこと、気持ちいいこと、嬉しいことを健康から!

農作業ができるかもしれない

またもやイオリさんが運んでくれたご縁。

転居する家を探す際、
土地(畑)付きの一戸建て、できれば古民家で!
なんて考えていました。

でもそんな家なかなかない(市場に出ない)。
補修に莫大なお金がかかるほど傷んでいる家は難しい。
良物件はすぐに誰かが手に挙げるので東京にいては見つからない。

というわけで、現在は庭のない借家(メゾネット)に住み、
地元の方とつながりをつくりながら
理想の家を探しているというわけです。
そうは言っても、今は今の生活を整えることが中心。
仕事、保育園、地元の面白いお店探し、冬に向けて防寒対策など。

その日、家の前の駐車場に出てボール遊びをしていた。
すると道の向こうから
「最近引っ越したのよね、お友達になってほしいと思っていたの」
・・・声の主は初老の女性。ともだち?
「ウチに3歳の犬がいてね、小さい女の子がいるから是非と思って」
とのこと。
前々からイオリの存在は気づいていて
声をかけるタイミングを計っていたらしい。

話しの流れでそのままその方の家にお邪魔することに。
すぐご近所なのだけど道をはさんで自治区が違うので接点がなかったのだ。

我が家の目の前の、コスモス畑。
その向こうの向こうの遠くの山から朝陽が昇る。
毎朝ここに来て良かったなぁとしみじみ思う素晴らしい景色。

そのコスモス畑の持ち主だった。

3歳の犬、クリちゃん(男の子)にいきなり吠えられたものの
カゴに入れられた後はイオリも顔を近づけ話しかけていた。
玄関に椅子とテーブルが用意され、
コーヒーとヨーグルトをいただく私たち…

変なおばあちゃんでごめんなさいね、と言いながら
ご家族のこと、犬のしつけに手を焼いていることなどを話してくれて
私も東京から来て間もないことを話した。

「野菜は買っているの?」
「うち、野菜育てても食べてくれる人がいないからもらって!」
元農家さんでお子さんは皆都会に出てしまい
田んぼを野菜畑やコスモス畑に変えてもまだ持て余しているらしい。

コスモス畑の横の野菜畑でトマトやキュウリ、ささげ豆などを採り、
別の畑からバジルやオクラなどを採ってたくさん持たせてくれた。
「畑やりたいの?この土地使って使って!」
「困ったことあったら何でも言ってね。イオリちゃんだって預かるし」

畑を使わせてもらえたら、本当に有難いです。
親戚も友達も身近にいないし、頼れる方ができたら助かります。
でもまだ関係もできていないし、私は突然のご厚意に頭を下げるばかり。

降ってきた幸運。
私は何もしていないのに、その方は「ご縁ね!」と喜んでいた。
その人懐っこさ(と言っては失礼かもしれないけど)、心の広さ。
そしてイオリの存在により運ばれたご縁。

これからどうなるかわかりませんが、大切にしたいと思います。

写真


ここに写っている倍くらいの野菜をいただいてしまった・・・


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hanamusubi87.blog.fc2.com/tb.php/409-c1c3a554
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad