ハナムスビ オフィシャルブログ

お豆のレストランをはじめに、こころ・からだの健康を提案していきます。愉しいこと、気持ちいいこと、嬉しいことを健康から!

足りてることで見えないこと

恒例のファスティング

これ、続けている人が多いのをみると、
やっぱり身体が楽になることを感じているんだと思います。

そんな僕も、ホント長く続いています。
スタンスとしては、
6月と12月に3日間。
たまに「ああ、胃腸が重いなぁ~」と感じたときに、
一日、あるいは夕食を抜くことで調整しています。

食べ物が種だとしたら、
吸収する腸は畑。
いくら良い食事摂っても畑である腸がいい状態じゃないとですね。

健康と食に関して言えば、
食事の成分ウンヌンよりも、
食べられることへのリスペクトがどれだけあるかのほうが大切な気がします。

ファスティングは飢えを意図的につくりだすので、
いかに日々、当たり前に食があるんだなと気づかされます。
そう、日本ではたくさんの残飯を破棄しているくらい!

ああ、僕一人の力ではどうにもならないけれど、
ホント、どうにかしたい課題だ。

そもそも食べ物は工業製品じゃない!
これは戦って行きたいね、、、

科学的に成分を分析すれば、工場で作られたものと、
信頼できる人が作ったものは一緒かもしれない。

でもね、まごころだったり気は分析できないけれど入っているの。
この差も大きい。

ファスティングはこういうように、
食への向き合い方を学ばせてくれる。

食事で健康って、あれイイ、これダメ、だけではないんです。
むしろ、命の源泉に向き合い、
僕らの命が生きながらえるために、
動物であれ植物であれ、他の命をいただいていることに、
どれだけ想いを寄せられるか、だと思います。

それが心に深く響くのがファスティング。

腸内の良い環境づくりもさることながら、
思考のデトックス、
生命力アップ、、、

とても大きな恩恵をもたらせてくれます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hanamusubi87.blog.fc2.com/tb.php/392-8a3677aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad