ハナムスビ オフィシャルブログ

豆料理のレストランを経て、ここ伊那谷で生活を一からスタート 自然の循環の輪に入れさせてもらえるうよう

移住します!

さあ、
移住します!

まだ、どこかは分かりませんが・・・

ああ、ここだな!と感じるところ。
ハナムスビはここに来なさいと熱烈に呼んでくれる人がいるところ。
(どなたかいませんかね~?!)

これからココロをオープンにして場選びの旅に出ます。

ところで、
世界一平和な村、どこですか?

なければ、僕らはそんな場を創造する力になれると思います。
日本発の。

こんな気持ちが第一。

ヒトと成り

僕らは人らしく生きる生き方を目指します。

それは循環の輪に入ることであったり、
(いや、入れさせていただく、かな)
直線的で融通のきかない時間の使い方を改めたり、
あるいは詩的な感性を、ありのままに表現してみたり…

その意味では、土に触れることが第二。

農はそれらを叶えてくれます。
(ナリワイではなく)

野菜はある程度自給できて、余った分をおすそ分けできるのならばアガるなぁ。
「まあ、持ってってよ~」、農的太っ腹はあこがれる。
稲作は自分でできなくてもコミュニティーでできるのならば助かります。

ノリさんのところで6年ほど稲作に携わらせていただいて、
稲作の奥深さを学びましたが、何よりもヒトとヒトをムスブこと、
単純に子どもに於いて稲作はヒトとしての学びを与えてくれます。

地球とたわむれる

20年前、二十歳そこそこの僕がグアテマラのジャングルトリップで、
大きななたを振り回し、けもの道を駆け回り、
長いツルを見つけてはぶら下がり、
「あああ~~~」
と雄たけびをあげて、ブランブランやっていたことを思い出しました。

あの頃は不定住な地球遊びをしていましたが、
これからは定住して、その地で地球とたわむれたい。
農耕・狩猟・採取

いつ何時、全てのテクノロジーがブラックアウトしても、
生きものとして生きていくチカラ(生命力と呼んでいます)、
これを身につけていきます。

それは子供の教育にもつながります。

スーパーで見る商品。
それがどんな成り立ちでその状態になっているのか?
そのプロセスを知ることは、
健康、ひいては生きることの素地を身につけていることになると思うのです。

これからの時代を逞しく生きる。
勉強も大切ですが、
太陽と大地が育んでくれるモノによって
僕らが生かされていることをちゃんと知っている子になってほしい。
あとは奇抜な発想かと思う。
これは個性。

豊かな生き方。
想像しています。

実際は整体の仕事、あるいは健康系の仕事、マイコの仕事、
何が選択肢であるか分からないし、
そんな簡単なことではないとは思いますが、、、

でも、朝起きて、澄んだ空気を肺いっぱいに入れ、
静寂というサウンドが睡眠を誘導してくれる生活がそこにあるのならば、
今目指すべきところはそこにあると感じるのです。

3月末、東名~名古屋~岐阜~富山~長野~山梨~中央
という流れで第一弾移住地探しのトリップに出ます。

それならばここに遊びに来なよ!
という方は是非声をかけてください。

よろしくです!

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2014/03/15(土) 08:51:08 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hanamusubi87.blog.fc2.com/tb.php/369-7d7693fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad