ハナムスビ オフィシャルブログ

豆料理のレストランを経て、ここ伊那谷で生活を一からスタート 自然の循環の輪に入れさせてもらえるうよう

ここがなぜ問われないのか?

健康は巨大産業だからさまざまなバイアスがかかる。

だからちゃ~んと知ることが大事。

じゃないと簡単に乗せられてしまう。

そもそも話だけが先行してしまい、
「なぜ?」
が問われないことがしばしばあることに注意しよう。

例えば発酵。

発酵=健康
って図式ができてしまうくらい、
もうマインドではできあがっている。

善玉菌が腸内に生きて届けば死んでもいい!
ってくらい。

なぜか?
は特に問われない。

じゃあ、お伝えしましょう。

なぜか。

腸内が酸性になるからです。

近年、昔はなかった腸の疾患が明らかな伸びを見せています。
ひとえに食生活の変化が原因です。
肉食をはじめとした高たんぱく食を多く摂っていること、
そして食物繊維を含む野菜を取ることが少なくなっていること、
この二つが引き金でしょうね。

そのような食生活だと、
腸内がアルカリ性に傾く。
すなわちそんな環境を大好きな悪玉菌が増えるのでアルカリ性になります。

そのアルカリ性優位な環境が、
近年の新たな腸の疾患を増やしていることが指摘されています。

だから
善玉菌を取って腸内環境を酸性にしよう!

この図式が簡単に語られて、
善玉菌=発酵=健康
となっている訳です。

でも、これは片手落ちです。

売り手としては、ここで完結するからです。

菌も生き物。
食べ物が必要です。
すなわち良い菌を摂っても、
しっかり住めるようにエサが豊富でないといけません。

いわゆる善玉菌(乳酸菌・ビフィズス菌)のエサとは、
食物繊維、オリゴ糖などです。

だから善玉菌×食物繊維が正解!

これがあまり語られていないのは
売り手の達成が手前にあるからでしょうね。

気を付けましょう。

さて、さて、これくらいはちょっと勉強すれば分かることなんです。

でも、僕は納得しない。

なぜ?

この答えだけでは僕の頭の中はぜ~んぜん発酵しない。
失敗したコンポストのようだ。

なぜ、発酵させる必要があるのか?

一般的には小腸で吸収したエネルギーのカスが
大腸に送られて水分を吸い取って固形にする。

これが大腸の主な役割、すなわちウンコをつくるってことなんだけど、
”なぜ発酵させる必要があるのか”
これはほとんど語られることがない。

どんなに腸の本読んでも、たくさん検索してもあまり語られない。

なぜ、500種類1000兆個もの菌を腸内に生息させて、
小腸から送られてきた(カス)を発酵させるのか???!!!

なぜ?
水分摂るだけだったら発酵の意味は何?

・・・

ちゃんと原因はありますよ。

ここにきちっと答えを見出してこそ、
だから菌が必要なんだ!
ってことが分かるのです。

そうすると何が見えるかって?
食に対する原点が見えてきますよ。

ナルホドナルホド。

身体は無駄をそいで美しく進化してきた。
そして、どうやって生き延びるか?を最適化して、
さまざまな方法を取り入れた。

この精緻なシステムを知れば「そうだったのか!」が分かります。

続きは明日!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hanamusubi87.blog.fc2.com/tb.php/322-47775813
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad