ハナムスビ オフィシャルブログ

お豆のレストランをはじめに、こころ・からだの健康を提案していきます。愉しいこと、気持ちいいこと、嬉しいことを健康から!

カルシウムをせっせと摂ろう論

日本人はカルシウム摂取量が少ないと言われてきました。

だから骨を強くするために牛乳たくさん飲みましょうって。

でも、その答えは出ています。

カルシウムを日本人より多くとっている
アメリカ人のほうが骨粗しょう症が多い。


前に骨梁のことを書きました。
こちら

すなわち骨が強くなるには重力に抗うしかないのです!

栄養学的には科学的に摂ることを優先されますが、
運動(ウォーキングでもOK)とセットでないと骨なんか丈夫になりません。

健康系は意外とむか~しからの理論に縛られて、
現実起きていることに目が行きにくいのか、
エビデンスがなくても盲目に信じている人が多いですね。

アルミニウムはアルツハイマーになる。
水を毎日2リットル飲む。
などなど。

そう、特に日本発でないものには
土地の気候などがからんでくるので注意しましょう。
(上記でいうと水を多く飲む必要があるのはアメリカなど、
乾燥がある地域においては有効かもしれませんが、
湿度が高い日本では逆に水毒になります)

なぜ、アメリカでは日本より骨粗鬆症が多いのか?

その原因として高たんぱく食があります。

先ほどの、骨梁についての記事にも書きましたが、
タンパク質を多く摂りすぎると
分解されたアミノ酸が体内を酸性に傾けます。
人間の血液は常にPh7.4にしようとホメオスタシスが働くので、
その中和としてカルシウムが使われる、、、

ということは糖質制限食でバクバクタンパク質を食べていると、
骨が弱くなるとも言えますね。

そうそう、農作業をしているおじいちゃんおばあちゃんと、
都会のおじいちゃんおばあちゃんの骨の強度の比較を知りたいな。

ぜんぜん違うんじゃないかなぁ?

imgres.jpg

見にくいけど江戸時代のかご屋。

この脚の美しい太さ!

栄養的には現代ほど食べていないはず。
それでもこれだけ強くたくましい。
間違いなく健康ですね。

これをみるとカルシウムを摂るとらないの問題ではなく、
何よりも動くこと、それが一番。
そして、体内が酸性に傾く高タンパク食、砂糖に注意すること、
それが大切だと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hanamusubi87.blog.fc2.com/tb.php/319-5ecdc5a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad