ハナムスビ オフィシャルブログ

豆料理のレストランを経て、ここ伊那谷で生活を一からスタート 自然の循環の輪に入れさせてもらえるうよう

砂糖の都市伝説

さて、食と健康を探究すると必ず出てくる問題があります。

砂糖、食品添加物、アルミ、農薬、化学調味料、
表示偽装、養殖、サプリ、最近で言うと放射能問題…

健康に問題ない!と主張する売る側と
健康に問題あり!と対抗する安全ウォッチャーの、
双方の駆け引きバイアスが強すぎて、
この手の話は科学的な視点から離れて感情的に判断されるようになります。

その代表例が「砂糖」でしょうかね。

健康系において嫌われモノでは化学調味料、添加物についでトップクラスでしょうね。

でも、これ、かなりバイアスがかかりすぎていて、
極端に言うと、
白いからおかしい!くらいの感情論が巻き起こります。

なので、ここで注釈を。
(問題が根深いのでチト長くなります)

まず、白いのは塩酸で漂白している!
なんてトンデモがあります。
白く染めてるのではなく限りなく不純物を取っていて
結晶が光に反射して白く見えるだけのものです。
漂白はしていません!
ただし、精製する過程で化学物質を使います。
不純物を除去するためなので、モノには残りませんが、
これをどう選択するかは個々のモンダイです。
(着色という意味でいうと三温糖は怪しいものもアリ)

ちなみに白砂糖は1600年代から中国で造られています。

ここで白砂糖(グラニュー、氷砂糖も含むのかな)
は自然界に存在しないから悪、
って話も存在します。

上白糖の対抗馬、甜菜糖も実は同じ過程を経ます。
(未精製のモノは除く)
あるいは甘みの王子、アガベシロップも白砂糖同様、
自然界に存在しない精製過程を経ます。

なので、「白砂糖は自然界にないのでアガベシロップを使う」は
論理的にありえません。

ここで甜菜糖に再び登場ねがいましょう。

キビ由来の糖分の代用として使われるのが甜菜糖。
オーガニック系、あるいはマクロビ系に多いのですが、
この甜菜糖、実は農薬を使わないとうまくできないという命題があります。
その辺に出回っているのはどうなのでしょうかね?
しかも未精製ならなおさら。
オーガニックもありますが希少で高いです。

根菜だから陽性、カラダを温めるといいますが、
夏に繁茂する作物(収穫は秋ですが)なので、
そこら辺の説明ももう少し欲しいところです。

ここまで書きましたが、まだありますよ~
一番白砂糖に対してブーブー言われるものに、
「精製しすぎてミネラルが全くない!」
というのがあります。

黒砂糖はたくさんミネラル(カルシウム、カリウムなどなど)があって、
白砂糖には全く含まれない…

これ、説明が複雑になりますが、
そもそも砂糖についての基礎になりますので容赦ください。

砂糖、その成分は化学的に、
ブドウ糖と果糖がくっついたショ糖という、
二糖類に分類されます。
糖は連鎖します。
単独なら単糖類。
二つくっつけば二糖類。
じつは食物繊維も糖類がくっついてできたもの。
分解が簡単にできないので難消化性なんて言われていますが、
これも糖類。

何が言いたいのか?
すなわち、砂糖とはショ糖のことをさします。

そこで問題は、ミネラルがどれくらい含まれているかと言うよりも、
ショ糖がどれくらい含まれるかで見られていないことです。

ではショ糖比較をしましょう。

・上白糖 99%
・三温糖 98%
・黒砂糖 80~89%
・甜菜糖 85%

そうなんです。
みんなが忌み嫌っているのは砂糖ではなくて、
ショ糖ということをかんがみると(漂白問題を抜きにして)、
(ビタミンが損なわれるとか、カルシウムがとられるとかはまた今度書きます)
どれもこれだけ入っていることを知るべきです。

さらにミネラルという問題。
お米だったら主食で量もあるのでミネラルの問題は考えられますが、
そもそも砂糖をそれだけ使うシーンがあるかどうか考え物ですね。
大量に使うのならば白砂糖と黒砂糖の10%という差はモンダイになりますが、
どうでしょうか?
それぞれの家庭で使う量があるでしょうが、
そこまでミネラルを気にするような量ではないでしょう。

まとめます。
ショ糖=砂糖ということです。

問題は中毒になりやすいという観点からいうと、
上記のどれも中毒性ありです。

結論はなるべく摂らないこと。

ハナムスビ的には
嗜好品としての位置づけということになりますかね。
(どの食べ物にも紛れ込んでいるので排除は難しいですが、、、)
まあ、そこらへんはストレスなくいきましょう。

例えば、
能動的に使わない。
ハレの日にいただく。

これでよかろうかと。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hanamusubi87.blog.fc2.com/tb.php/310-b52c49f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad