ハナムスビ オフィシャルブログ

豆料理のレストランを経て、ここ伊那谷で生活を一からスタート 自然の循環の輪に入れさせてもらえるうよう

ハレの日とケの日と嗜好品

食事療法について、
ハナムスビはうるさくありません。

一人一人、行きつく食事の方法は違いますから。
自分の身体の声を聞きながらやっていきましょ。

これ大切。

これが完ぺき!
みたいな食事療法をチョイスしたとき、
身体の声よりも、その療法の哲学みたいなものを優先してしまうのは、
とても良くないことだからです。

結果としてその人に合っていればそれでいいのですが…

とはいえ、
緩いですがハナムスビなりの方法はあります。

ハレの日とケの日。
これがポイントです。

ハレの日とはお祭り、お祝いなど非日常のことを言います。
ハレ着はお祝いに着るものという意味ですね。

反対にケの日は日常です。
普段の日。

まずはここを分けます。

さらに嗜好品の定義をします。

この言い方ですら食べ物に失礼なのですが、
敢えて…

牛肉、豚肉、鶏肉、マグロなどの大型回遊魚、
牛乳など乳製品全般、ケーキや和菓子…
これらを嗜好品と定義します。

これら嗜好品をハレの日に食します。
今日はハレの日!
楽しい、楽しい食事。

最初は三日に一度でいいかもしれません。
出来たら週に一度。
あるいは10日に一度でいい。

ハレの日が楽しみになると、
生活にリズムが出てきます。

ケの日のポイントは、
腹八分(最初は9.5分でいいです)、
穀類、野菜、タンパクは豆類、青魚などを食します。
海藻もたっぷり、発酵食も!

品目をなるべく多めに、お腹満腹にならないよう。

です。

難しくないでしょ?

ガチに健康をやる人は数多の健康療法を参考に、
身体の声を聞きながらやるのが良いでしょう。

でも、その前に入口的に
ハナムスビの健康的な食事療法を試してみると良いと思います。
まずは身体の声の聞き方を学んでから。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hanamusubi87.blog.fc2.com/tb.php/258-8b5940ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad