ハナムスビ オフィシャルブログ

お豆のレストランをはじめに、こころ・からだの健康を提案していきます。愉しいこと、気持ちいいこと、嬉しいことを健康から!

お祈りは気持ちいい

お祈りについてです。

僕の両親はもうこの世にいないので、
自分こしらえの仏壇が家にあります。

毎朝、家族三人でお祈りします。

オヤジ
オフクロ

両方のおじいちゃん、おばあちゃん。

その先にいる、ひいおじいちゃん、ひいおばあちゃん
そのまた先にいる…

ってやっていくと原始人みたいな人が出てきて、
猿人になって、海に戻ってエラ呼吸して、
ウーパールーパ―のようになって、
細胞が二個になって、一個になって・・・

オオ!!!なんてスゲーんだ!!!

と、ひとしきりこの生に感動して、
今あることに感謝せずにいられないのです。

ありがたい。

手を合わします。

仏壇でのお祈りは過去から今を結び、
今ここにあることを知らしめてくれるのです。

これは私事。

なので僕は今までお世話になった友人たちも偲びます。
今あることへの感謝…

もう一方で神棚、あるいは神社があります。

ここでは今、そして先にあることにお祈りを捧げます。
意見は分かれると思いますが、
神様へのお祈りは自身でなく対象の何かであるように感じます。
自分の周りの人たちに始まり世界の平和まで。

いうなれば、
仏様へのお祈りが垂直に流れるものだとしたら、
神様へのお祈りは水平に広がるもの。

仏様へのお祈りが過去から今だとしたら、
神様へのお祈りは今から未来。

この二つを別々にお祈りする日本のシステム、
これ、素晴らしいと思います。

だって、二つの祈りを一つの場で一気にやろうすると、
けっこう散漫になってしまう気がするのですよ。

お祈りはグッと入り込むことが大切なので、
お祈りの心持ちはシンプルな方が良い。

だから私事とその周りのことが分かれているのは、
とてもいいことだなと最近ひしひしと感じます。
勝手な解釈だけど、
今もなお残っている意味を深く考えると、
そんなふうに取れるのです。

場は大切ですが、
マザーテレサが言ったことのように、
いつでもどこでもお祈りはできるのよ!
これも、ものすごく大切

お祈りの効果がどうのって科学的に調べようとしていますが、
その結果はどうでもいい気がします。

お祈りをすると、とても気持ちいいからやるのです。
身体にスッと流れる微細な感覚。
心地いいんですよ~

これがバイブとして、
周囲に広がることが大きな効果なのではないでしょうか。

実際、二週間くらいやってみてください。
とても身体が軽くなるのが分かりますから!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hanamusubi87.blog.fc2.com/tb.php/219-1fd4d9bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad