ハナムスビ オフィシャルブログ

お豆のレストランをはじめに、こころ・からだの健康を提案していきます。愉しいこと、気持ちいいこと、嬉しいことを健康から!

多面性??

ボス兼看板娘のイオリさん、最近の口癖は
「イオリ、赤ちゃんなの!」

ご飯も自分で食べられるし、着替えもだいたい出来るし、
トイレもずいぶん行けるようになったし、おしゃべりも上手だし、
お手伝いも積極的にしてくれる2歳4カ月…

あかちゃんですか??

でも確かに最近、自立する一方で妙に甘えたがる。
出来ることを「お母さんやって!」
ちょっとしたことですぐ「抱っこ~~」
目をパチパチさせて涙まで出して要求を通そうとする。

負けるものか!と思うけど、加減が難しい。
日中は預けているし、一緒にいるときくらい多少甘えさせてもいいのかも、とか。

実はこの過程を面白がっている私。成長と退行の狭間にいるんだなぁ。
そして場によって態度や表現を変えることもあることも興味深い。

保育ママによると、
イオリは周りのお友達とあまり遊びたがらず、
大人や少し年上の子どもに遊んでもらおうとするらしい。
そして慎重で、何度も繰り返しながら物事に取り組むタイプだと。

私の母によると、
イオリは一人で駆けていってしまうから目が離せない!
一つ上のいとこを先導してハイテンションに遊んでいる、と言う。

お店にいるとき、友だちと会うとき、
母である私といるとき、父親のカズさんといるとき。
全部の場面で違う顔がある。

でもそれって、私たちも同じ、ですよね?
家族といるとき、職場、友だちといるとき…
友だちでも、Aさんといるとき、Bさんといるときで自分の態度が違ったり。

こういう現象。どれが本当の自分かと悩むことはない。
どちらが心地よいとか優劣があるわけではない。

私たちは、人との関係性の中で存在しているということ。

意識して態度を変えているわけではなく
(大人になると、意識して変えるべき時もあるけど)
目に見えない、頭では理解できない、「なにか」がそうさせる。

人間て、面白いなぁとつくづく思います。
人との関係性が、人をつくっていく。

イオリはもう赤ちゃんではないけど、表現が素直で正直だ。
彼女のセンスを信じて、見守っていきたいなぁと思う。
そして、こういうことは一つの社会性。
もうそんなことを身につけていることに感動したりする。

様々な環境、場に出会って
いろいろな経験をして
自分を発見していってね、と願う。

無限の可能性。うらやましいな~
でもこの記事を書いていて気づいた。
イオリほどではないけれど、
私だってまだまだ新しいことに出会う機会はある。
ココロをひらいて、未来を楽しんで、可能性を広げよう。

securedownload.jpg

いろんなことを教えてくれてありがとね、イオリさん。
「ガチャガチャやる~」の要望に毎度負けて、お豆収集中デス!!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hanamusubi87.blog.fc2.com/tb.php/192-25665ce1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad