ハナムスビ オフィシャルブログ

豆料理のレストランを経て、ここ伊那谷で生活を一からスタート 自然の循環の輪に入れさせてもらえるうよう

頑張ること、甘えること

マイコです。

お休み明けの昨日、友達とハナムスビでランチをいただきました。
みんな子連れ、
4歳、2歳、1歳(イオリ)。
3人とも女の子で3人とも7月生まれ!
ランチ終了、お店は女子会の場となり、はしゃぎ声が響き渡っていました。。。

ちょうど同じ誕生月なので、
1年後にはこんなかんじかー、3年後にはこうなるのかー
とイメージがわきます。
やっぱりその年齢ごとに、親の対応も変わっていくものだろうなぁ。

イオリのブームは、現在、階段。
駅、道端、階段があればすかさず上り下り!
私は比較的時間があるので、急ぎでなければ付き合います。

駅の階段は長くてもちゃんと上り(下り)切ります。
最近は特に手すりを使いたくない様子。
でも危ないので手を掴もうとすると
「ふん!」と振り払われます。

ホント、その自立心、頑張り屋さんの姿には感心します。
今、なんでも自分でやりたい時期なんですよね。

一方で、知らない人にちょっと顔をのぞかれたりすると
私に走り寄って「ぎゅう!」と抱っこを要求します。

素直で、いいなぁ。
と思うんですよね。

大人になると、頑張り過ぎたり甘えられなくなったり、
逆に自分と対峙して踏ん張るべきところで何かに頼ってしまったり、
頃合いをはかることがヘタになってしまうみたい。

福祉の勉強をしていても
自立と頼ることのバランスがうまくできれば
もっと生きやすい社会になるんじゃないかなぁと考えます。
悩んでいる人を見ても、そのバランス、さじ加減が上手にできれば
もっと早く楽になれるんじゃないかなぁと感じるんですよね。
私も甘えベタなので、イオリを見習わなきゃと思うところもある。

でも、もう少し大きくなったら今の接し方ではいけないとも思う。
いつまでも階段の端っこを陣取って、時間かけて上っていたら迷惑だし。
散歩中、5秒ごとに「抱っこ!」「歩く!」を繰り返すことを
いつまでも良しとしていてはワガママになると思うし。

自立心を育てつつ、
人に上手に甘える(頼る)術も身につけてほしい。

でも。
親はアレコレ考えることも多いけど、
3人でくっついて楽しく遊んでいる子供たちを見ていたら
からだが健康で、こころが元気なら、それが一番だよなーって
つくづく思いました。

131613908_thumbnail.jpg

この写真は、別の日のひとコマ。
私の高校時代の友人とその子供たちの集い…

ハナムスビは、家族連れ大歓迎です。
イオリもいるときは仲良くしてやってください!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hanamusubi87.blog.fc2.com/tb.php/104-c855b2b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【頑張ること、甘えること】

マイコです。お休み明けの昨日、友達とハナムスビでランチをいただきました。みんな子連れ、4歳、2歳、1歳(イオリ)。3人とも女の子で3人とも7月生まれ!ランチ終了、お店は女子会の...

  • 2012/05/09(水) 15:57:53 |
  • まとめwoネタ速neo

FC2Ad