ハナムスビ オフィシャルブログ

豆料理のレストランを経て、ここ伊那谷で生活を一からスタート 自然の循環の輪に入れさせてもらえるうよう

田舎暮らしの夏、3年目

娘が小学生になり、初めての長い夏休みがやってくる。
とは言ってもこちらは夏休みが短い。
娘が通っている学校は、今日終業式で8月の後半には始業式があるので1ヶ月弱。

学校の授業には畑作業をする時間も組み込まれている。
最近は毎日プールに入り、大荷物を持ち汗だくで帰宅し、そしてまた友だちと遊ぶ。
日焼けした肌、筋肉がついてきた四肢、のびやかな身体。
田んぼでも畑でも親と一緒に作業をしてくれる娘は、本当によく動く。

1歳半を過ぎたばかりの息子も、外にいることが多い。
暑さが厳しいので、畑仕事は10時まで。
その間、土をいじったり、水遊びしたり、うろうろ歩き回ったり。
自分の興味に没頭している間は親も作業が進む。

山、青空、雲
そして草木や稲
色彩がくっきりと鮮やかな夏。

IMG_7344.jpg

IMG_7343.jpg



暑い暑いと言いつつも、家の中はクーラーなしでも全く問題ない。
ときおり通る風だけで、十分心地よい。
林から聞こえる鳥や蝉の鳴き声が心を落ち着かせてくれる。
時間ごとの変化も楽しめる。

夕方は、空がうすいオレンジ色に染まって見惚れる日もあれば
大粒の雨であわてて窓を閉める日もある。
どちらもありがたいと感じる。

お米と野菜のほか、大麦、小麦にまで手を出してしまった今年、
畑は手が回らず雑草だらけにしてしまった。
我が家で食べる分の野菜は採れているけれど、
うまく育ててあげられなかった子たちもいる。

四季は毎年めぐるけれど、
同じ年は二度ない。

もし、東京に住んだままだったらどんな夏を過ごしていたのかな。
娘が4歳になるまでは東京にいたのに、本当に遠いことのよう。

私たち家族にとって、この環境にいられるのは幸せなこと。
夏の思い出、たくさんつくろう。


慣れ

7月に入り、初採れ夏野菜のめぐみ!が続いている。

甘かったスナップエンドウが終わり、
ピーマン、レタス、パクチー、トマト、きゅうり、ズッキーニ、じゃがいも。
「あ、できてる♪」の連続、喜び。

ピーマンはまるごと炭火焼。
きゅうりは自家製の梅味噌つけて丸かじり。
ズッキーニは塩でもんでポン酢和え。
じゃがいもはふかして塩(醤油)バター、そしてフライドポテト。

これらはまだまだ収穫できる。なにをつくろう。

ナス、オクラ、サンマルツァーノ、トウモロコシ、モロヘイヤ。
まだ食べられる段階ではないけれど、日に日に育っている野菜たちもいる。

畑で採れたものをすぐに食べられる幸せ。

でも一方で、この喜びや興奮の度合いが、去年よりも減っていることも感じている。

春後半の気温がなかなか上がらなかったり、雨が降らない期間が長かったりの影響か
今年の野菜たちは少しだけ元気がない。
新鮮でも味がイマイチのものもある。
そういう理由もあるかもしれないけれど、
「自分たちの畑で採れた野菜のみずみずしいこと!美味しいこと!感動!!」
といった盛り上がりがちょっとばかり足りない今年の夏。

野菜を育てることが生活の一部になった、とも言えるし
単に慣れてしまった、とも言える。
そういえば初収穫した野菜たちの写真も撮っていない。

もったいないなぁ…
作業や営みには慣れて、喜びには慣れないでいたいけど。
そんなの無理かな。

小学生になった娘も、当初の新鮮さや意欲が落ち着いてきて、
慣れたゆえの手抜き感がちょこちょこ見える。
もちろんそんなことは当然で、慣れることは悪いことではない。

でも、そう考えながら同時に想う。
今の平穏や、家族の健康や、この生活は当たり前ではないのだと。
どこにいても、何をしていても、今がずっと続くわけではない。

食卓に上る野菜たちのほとんどが畑で採れたものになる、夏の幸せ。
そうできることのありがたさをかみしめよう。そして子どもたちにも伝えよう。
そして、今日も元気に過ごせることに感謝です、と改めて思う。


IMG_7260.jpg

こちら、6月30日の収穫

今日も畑に出る。

朝起きて、顔を洗って、朝食を食べて、娘を見送って、片付けをして、
という毎日の一連の流れと同列に

畑に出て、

という行為がある。
一応ここで野菜を作るのは3年目(1年目は住んではなかったのでほったらかし畑)。
去年の今頃のブログを見ると、やっぱり畑のようすを書いている。
だけど今年より雑草がないな(笑)

記録として写真をずらり。

IMG_7229.jpg

サンマルツァーノ。去年みんなに喜ばれた加熱用トマト。
種取りをして、今年も大量に作るつもりだったけれど生育がゆっくり。
気候?種?土?原因はわからない。実が元気につくことを祈ってます。


IMG_7214.jpg

じゃがいも。今年は3種。花の色が好き。
今年は早めに害虫を除くことができた!カズさんが土寄せしてくれた。


IMG_7216.jpg

トウモロコシ。去年はポップコーン用だけだったので、娘からリクエスト。


IMG_7221.jpg

スナップエンドウ。今日で収穫3日目。息子がパクパク食べる。


IMG_7218.jpg

サツマイモ2種。別で干し芋用も30本植えました。
一時期、水不足で葉が朽ちてしまい、ごめんね…とダメもとで水をやっていたら復活!!
この子たちの生命力に力をもらいました。見る度にありがとう、と思う。


IMG_7204.jpg

イチゴ。4本の苗からランナーを伸ばし、孫、ひ孫の苗を育てた結果、50本以上植えられた!!
続々イチゴが色づき、子どもたち(ご近所さんも含め)は毎日畑でイチゴをつまむ。
ただジャムをつくれるほど豊富に成るわけではないので、今後は肥料なども検討。


IMG_7219.jpg

落花生。カズさんの秋の愉しみ。発芽率が良くなく、種を買いなおしてました。
食べるのも楽しみだけど、この葉の姿がお気に入り。


IMG_7225.jpg

初挑戦のパクチー。
今年はオレガノ、ミント、バジルといった香草系も植えました。


IMG_7224.jpg

サニーレタス。の畝に赤紫蘇ちょろり。
種取りしたものから発芽すると嬉しい。
そして耕したのに去年のこぼれ種からいくつも赤紫蘇が出てきてこれまた嬉しい。
(まいた種からはあまり出なかった・・・)


IMG_7227.jpg

こぼれ種といえば小豆も。
今年は高遠の方にもらった黒小豆(別名、わんはげ!お椀がはげるほど舐めたくなる美味しさ、という意)を
育てるけれど、去年の小豆ちゃんもそのまま大きくなってもらいます。

これら以外も諸々植わっています。やっぱりこう見ても雑草がすごい(笑)
何が植わっているか知らない人が畑に入ったら、野菜たち踏まれるだろうな。
「今日はここの雑草取ろう」と畑に向かっても、いつのまにか違うことをやっている。
つまり手がまわってないというわけですが、
それでも夏野菜はたくさん食べられるはず!去年の経験から。

畑に出る。「やらなきゃ」もあるけれど楽しみがたくさんある。
こんな日常に、満足している。

カッコウが鳴いたら

カッコー カッコー
裏の林から響くカッコウの鳴き声。

カッコウが鳴いたら豆を蒔く

と教えてくれたのは、伊那谷に移住して長い友人だったかな。
(この場合の「豆」は大豆だと思うけど、ちょうど2日前に枝豆の種をカズさんは蒔いていた。)

カッコウが鳴いたら霜が降りない合図らしい。
今年の桜は開花がずいぶん遅かったし、
5月に入っても、朝晩は冷えて「霜に注意しましょう」というお知らせが何度もあった。
最近は確かに大地の温度が上がったのか、野菜たちもどんどん芽が出ている。

IMG_6907.jpg

畑もにぎやかになってきたし、ポットでも定植を待つ子たちがずらり。


大豆と言えば、先週やっとお味噌の仕込みが終わった。
東京にいたときは「大寒から立春まで」を意識して仕込んでいたけれど、
ここ長野ではあまり早く仕込むと凍るということ
また今年は出来る分はハナムスビ米から麹を作りたかったこともあり、
暖かくなってきた3月から5月にかけて
ひよこ豆味噌、去年育てた大豆と地元で購入した米麹の味噌、育てた大豆と自家製麹の味噌
順々に仕込んでいった。

IMG_6576.jpg

温度管理が難しかった麹

IMG_6580.jpg

こちらはひよこ豆ダンゴ
大豆のときは娘、息子も握ってくれた。


お味噌の仕込みが終わった途端、大豆の種蒔きを考えるときなのか…
田舎生活、忙しい。
でもこうして自然の営みに合わせて動くということは、
仕事に追われる忙しさとはやっぱり違う気がする。

カッコウは、お客さんがいない例えで使う「閑古鳥」という呼び名もある。
それは人のいない山里で響く鳴き声がもの寂しく聞こえるから、
という理由らしいけれど、今朝聞いた鳴き声はむしろ喜びを運んでくれるような鳴き声だった。

IMG_6958.jpg

景色も変わってきました。
近所の田んぼでは次々に水が入り、ところどころ既に苗が植わってます。

ハナムスビの田んぼは5月27日にお田植え予定!



畑で育つもの

急な冷えが入り込みつつも、暖かさが増している信州の春。

梅やレンギョウ、木蓮、ミツバツツジ。
道端にはスイセンが並び、一気に華やかに。
雪の残るアルプスを背景に桜も満開になりました。


IMG_6859.jpg

テラスからの眺め。


そんな景色の変化を楽しみつつ
始まりました、150坪の畑!

今年の目標は「欲張らない」
・・・だったはずですが、結局去年とさほど変わらない種類を作ることになりそうです。

今年は1歳3ヶ月になる息子との作業。
土を耕すのも、種をまくのも、雑草を取るのも
おんぶでやるにはお互いに窮屈で、畑に下ろしてみた。

少し前に、野外での自主保育のグループに参加したとき
砂場遊びを楽しんでいた息子。
えんえんと地べたに座って、指から砂をこぼしたり、石を拾って並べたりしていた。
まだ花や葉っぱを渡すと口に入れてしまうけれど、
どうやら砂や石、土は遊ぶ対象で食べないようす。

そんな姿を見ていたので、畑でも大丈夫かなと思い試してみたら
案の定、親が作業している間、飽きもせず土と戯れていた。
もちろん手も足も洋服も泥だらけ。

上の娘は幼児期にあまり砂遊びが好きでなかった。
こちらに来て、ようやく泥だんごづくりなどをするようになった。
昔は洋服が汚れるのも嫌がっていたし、ずいぶん潔癖症でなくなった。
母親(私)の育て方も影響していると思うし、泥だらけになる環境がそこにはなかった。

それに比べて息子…まるで動物を放し飼いしている感覚になる(笑)
春、夏、秋。季節と共に息子の畑での過ごし方も変わるんだろうな。

現在のところ

さといも、じゃがいもを植え
ほうれん草、ルッコラ、サニーレタスの種をまき
スナップエンドウを定植し
トマト(サンマルツァーノ)、水ナス、すいか、ハーブ数種の苗づくり

控えているのはトウモロコシやモロヘイヤ、かぼちゃ、こんにゃく芋、夏野菜たち。

畑で育つ、野菜と子ども。どちらの成長も楽しみです!!

17918827_1785436078451862_164989517_n.jpg








次のページ

FC2Ad