ハナムスビ オフィシャルブログ

お豆のレストランをはじめに、こころ・からだの健康を提案していきます。愉しいこと、気持ちいいこと、嬉しいことを健康から!

バランスを取り戻すとき

娘の不調を考察する。

娘が体調不良になった。
めったに熱を出さない丈夫な子で、小さい頃から本当に頼もしくありがたく思っている。
今回は感染症のものではなく不摂生から始まった不調なのだけど、思った以上にこじらせた。

食欲がないので元気が出ず、薪ストーブの前で転がっている。
夜中だけ深い咳が出る。数日続けて咳こんだ拍子に吐いてしまい、よく眠れなかった。
朝起きられず、起きても気分がすぐれなく、不機嫌そうに丸まっている。
遊びたい。でも動けない。ストレスがたまっているのがありありと分かる。
「痛い?」「つらい?」「気持ち悪くない?」・・・うるんだ目をして首を横に振る。
「お母さん、何かできることあるかなぁ」と聞くと、
「そばにいてほしい」とか細い声で答えた。

私はいつも動き回っている。そして合理的に動きたがり、たぶん家族にもそれを求めている。
娘に「あそぼう」と誘われても
「今やっていることが終わったらね」「時間がないからちょっとだけね」とつい言ってしまう。
作物は待ってくれないから、たくさんの家事があるから、赤ちゃんもいるから。言い訳はいっぱいできる。
でもその中でもあそびをつくったり、余裕を持ったり、楽しくすることはできるはずなのだ。
(カズさんは娘の気分をうまく乗せながら仕事をこなす)

普段は娘も友達の家に行ったり物作りに取り組んだり、常に楽しい刺激を探して忙しくしているので
母に構ってもらえない(それでも頑張って遊んでるつもりだけど!)不満も何となくやり過ごしているのだろうけれど。

身体がなんだかおかしいという状態で、娘は少しずつたまった不満を清算するかのように
集中して関わってもらえる時間を求めているのだ。
「いま」「自分だけを見て」ほしいのだ。
そばにいて、という切実な響きにはっとした。

こんなときこそ甘えたいよね。いろいろ聞かないで、ただそばにいてほしいよね。
こころが安息を求めていて、きっと望みがかなうことでバランスを取り戻す。
身体の不調がこころの叫びを発信することを促してくれたのかもしれない。

そしていつもと違うところは、わがままでお行儀が悪かった(笑)
すごく厳しくしつけているわけではないけれど、娘は真面目でルールを重んじる優等生タイプで
親としては助かる一方で、もっと気持ちの赴くまま自由にしたり、いたずらしたり、
子どもらしくいてくれてもいいのにと思っていた。

不調になったとたん、床に座り込んで食事したり食べ物で遊んだり、変なことを言ってみたり、
いつもと違う娘がいた。
友だちもたくさんできて、いろんな家で遊んで、発見や学習をしていると思う。
食習慣、テレビやゲーム、親子関係…うちと違う、なんでうちではダメなの?と思っていることもあるはず。
(偏りたくないから、同じ志向の集団に入るより多種多様の中にいたいと私は考えているし、
その中で我が家のルールがあるとイオリにはわかってほしい)

具合が悪くてお母さん優しいし、こんなこともしてみよう、と思ったのか
体調の悪さが「〇〇すべき」というイオリの囲いを崩したのか。
少し真面目すぎる娘が、子どもなら当たり前にやるようなことをやる。
これもバランスのとり方なのかもしれないと思ってみたり。

もしくは成長の過程での逆戻りかもしれない。
最近カズさんと上京し、遠く離れた祖父母の家に一人で泊まるという大イベントがあった。
少し前まで私と一緒じゃないと寝られないなんて言ってくっついていたのに、突然そんな挑戦をした。
日常のやり取りでも、親離れと受け取れるような返答もあるし、大人びた言動も増えてきた

大人の階段のぼってるな~と思った矢先の不調、そして子どもらしい振る舞い。

バランスをとる、こころの調和のタイミングだったのかもしれない。
身体の不調が、それを良しとしてくれたのかもしれない。

身体のサインにはきっと意味があるし、ため込んだものをきれいにする機会になる。
もちろん遊び過ぎた分、たくさんの休息で補い身体も回復した。
看病しながら私自身のふがいなさも認められたし、見直せたし、
イオリとの関わり方、母娘のバランスにも考えが及んだ。
娘が元気になって家族の調和がとれ、また穏やかで忙しい毎日が送れている。

こうやって振れながら、揺られながら、バランスの大切さを感じられる。
人間の持つ潜在的な力、こころと身体のホメオスタシスに気づける。

娘は完全復活し、なんとなく吹っ切れたような印象がある。
また、成長していくのかな。

ヒトをつくる要素

前回の記事から寿命の続き。

こちら

実は、タバコなんかより、
ヒトとの繋がりの濃淡が寿命に大きく響いてくるという話。

もちろん個体差はあると思うけど、
(孤独が好きなヒト、耐えられるヒトはいると思う)
人間ですから。

人と人の間と書いて人間。

繋がりなくしては生きられない生物なんです。
それが科学的に証明された、ということでしょう。

さて、僕らは幸福を最大限求めるとしたら、
ポートフォリオ(資産の分散)を
「お金」だけでなく
友達あるいは信頼できる人も加えるべきでしょう。

そういう関係をしっかり作ることも、
健康=幸福につながるということなのですから!

早く大人にならないことですw

ココロが若いヒトは長生きの傾向があるとのこと。

http://www.cnn.co.jp/fringe/35058090.html?tag=top;topStories

そうですよね~

活性化、が要因だと思います。

細胞の生まれ変わり
新陳代謝

傷が治ったり、
疲れが早くとれたり、
朝から元気だったり。

これらはカラダが勝手にやってくれるのではなく、
自分のイキイキとした心持がカラダに影響し、
カラダはそのイキイキと弾んだバイブスに応えるべく、
カラダをリフレッシュしていく、、、

心身一如

ですね。

いつまでたっても、
「あれやりたい!」
「これやりたい!」
ってチャレンジしていきましょう!

7月29日で整体も終了となります

伊那谷に活動の場を移すべく、準備をしています。

今月、
7月29日(火曜日)に、
ハナムスビ こころとカラダのトータルケア
を一度閉じます。

不動前
二年半のお付き合いでしたが、
いい栄養をいただきました。

整体業、健康業は僕らの生きる術なので、
伊那谷に移ったら、
また、ハナムスビらしいスタイルで丁寧に始めて行きたいと思います。

そもそもこの生業は、
自分の成長あってこそ。
ゆっくりと自然の力に身をゆだねながら、
自分たちが成長し、
そして、そのエネルギーをお借りして、
みなさまにスペシャルを提供できればと思います。

僕たちは、
何が最上のハッピーなのかを求めて旅をしています。
それが健康につながると考えるからです。

その答えは、もう出ています。
あとは自分たちが実践して、
心から微笑んでいただけるよう、
イマジネーション膨らまして、
心おっぴらいて、
魅せていければと思います。

今この時代。
何が正しくて、何が価値なのか、
これまで良しとされてきたものにクラックが入り、
大きく切り裂かれようとしています。

僕らはそれをなるがままに任せるのか、
あるいは、そのクラックに接着剤を注入して、
新たな世界を創造するのか、
どちらのカードを引くか迫られているように感じます。

ハナムスビは躊躇なく、後者を引きます。

そのためには、、、

あえて言葉を尽くしません。

それは、お腹のあたりをスリスリさわって、
本当のことをお尋ねすることで見えてくることだからです。

しばらくは、その土地に入れさせていただくことで、
アタフタするかと思います。
それもこれも、時間の許す限り、
ブログにてお伝えしていきますので、
どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。

では、
皆さまの、ハッピーを祈って!

自分回帰のメソッド

ファスティング最終日、、、

僕はファスティングの
最もディープで明らかな効果があると思うのが瞑想だと思っている。

これは生理的に解明できる。

普段、脳はブドウ糖エネルギーのみでドライブしていて、
基礎代謝の20%も消費する。
脳の比重は身体の2%にすぎないというのに!

すなわち脳は、昔のアメ車のように燃費が悪い。
大した事考えていないのに、思考一つ一つに多大な燃料が必要というのだ。

ファスティング中は全体的にブドウ糖エネルギーが不足し、
その20%も必要とする脳に十分に回ってこない。

「おいおい、こちらは考えることがいっぱいあるんだ!」
と脳細胞がその司令塔である肝臓に「もっとよこして!」と要求しても、
「無い袖は振れん」と少ないエネルギーの中でやりくりする。

さて、ガンガンエネルギーを燃やさないと活動できない脳はどうするか?

余計なことを考えないことにするか、、、
活動エネルギーを最小限にしよう。

脳はプライオリティーの高いものから順次、課題を片付けていく。
そこでは、その隙間に入り込んできそうな些細な思考(ここら辺は個性がある)、
おバカなこと、今日の夕飯のこと、あの子のこと、、、
がなくなる。

そんなものに使っていられないとばかりに。
すなわち集中力が増す。

もちろん仕事をしているときは、仕事に集中できる。
(あまりにブドウ糖が足りないと、
今度は全く回転しなくなるので、そのギリギリがポイントだ)

ところが、それ以外のオフの時、ここに普段持てない「時間」がやってくる。

というのも、仕事以外のプライオリティーといえば自分にまつわること。
今、自分にとって一番考えなくてはならない大切なことが浮かび上がる。
余計な雑音なしに。
さらに瞑想する時間を取れば、かなり集中して入っていける。

僕の瞑想は、考えをなくすことも、
課題をグッと抽象的に落とし込んで見つめることもある。
雑音が多い時は考えをなくそうとする。
どちらでもいい。

とにかく楽な姿勢で座る。
すると、やはり、今自分に必要な応えが出てくることが多い。
脳は余分にエネルギーが来ないから大切なことにじっくりと使われる。

貴重なのは、そういう「時間」をとるということ。
日々、一日が丸ごとルーティンになっていると自分を置き去りにしてしまう。
あるいは見ないことで楽なこともある。
ただ、それが溜まると、ホントの自分と、今ある自分との間に乖離がうまれてくる。

そうすると、ホントの自分に統合するまでに時間がかかってしまう。

その前に、たまに「時間」をつくって、自分に向き合うことが必要となる。
そう、自分のプライオリティーで一番重要なことって、
自分らしくあるか?しかないのだから。

だからファスィングにおいて浮かび上がってくるのはいつもココ。
確認だ。
少し道をそれていれば軌道修正する案が浮かぶ。

深く、ゆっくりと呼吸して、
いつもの矢のように過ぎ去る時間を無視して、
自分の心の光をなでるように見つめる、、、

「あっ!」
てことがね。。。

ファスティング瞑想は、自分らしさ回帰のメソッド。
次のページ