ハナムスビ オフィシャルブログ

お豆のレストランをはじめに、こころ・からだの健康を提案していきます。愉しいこと、気持ちいいこと、嬉しいことを健康から!

やっぱり純米酒だねぇ

純米酒、サイコウです。

やっぱり日本人だもの!
試算によると、一日一合純米酒を飲めば減反政策が要らないそうですよ。

日本酒=頭痛くなる
はもう過去の話。

ちゃんとした造りのものを飲めば、
そんなことはありません。

今回取り寄せたのは黒沢酒造(長野県南佐久群)

くろさわ 純米 80
くろさわ 柱焼酎仕込 原酒

IMAG1534.jpg



もともと精米歩合の大きい80でいろいろ探していたところ
(最近、なるべく磨かない純米酒が増えているのか、けっこうありますね)
生もと純米が見つかりました。

黒沢酒造
造りも自然だし、無理な濾過もしていないし、
地元の酒米も使っているし、
ハナムスビのコンセプトに合うなと判断しました。

そして、もう一本、珍しいものも入荷しました!

柱焼酎仕込み・・・

こちら

下の方に書いてある、現代の「アルコール添加」との関係
も読んでください。

ナルホド、ナルホド。

むか~しからある技法だったのですね。
もちろん昔は味が味醂に近かったというのもあるのでしょうけど、
黒沢酒造さんは本物のアルコール添加を再現してみたということでしょうかね。

ふと薫る、米焼酎のとがった感じ、
口に含む日本酒の米の味わいが混ざり合い、
何とも言えぬ美味しさが醸し出されています。

でも、確実に日本酒です。

今だけ!

是非飲みに来てくださいね。

毎週月曜日は豆の日!

Beanist Monday

今日は終わろうとしているけれど、
どうですか?豆食べましたか?

ハナムスビは何回かいいましたが、
決してお肉を完全否定しているわけではありません。

ただ、お肉を食べ過ぎていることで起きている病気、
環境破壊、貧困問題という諸問題を、
食を通じて解決できると信じてやっているだけです。

単純です。

お肉中心のタンパク摂取の食事習慣に
お肉を減らしてお豆をすき込んでいくだけです。

そうすればかなりの問題が解決できるのです。

政治に託さなくても、
僕らの豆を食べようぜ!というアクションが、
世界の問題を解決できるのです。

コレコレ!

豆のポテンシャルにまだ気づいていないようですね~。
ハンパないですよ!

社会がより良くなってほしいと本気で願うならば、
僕らがまずは豆を食べるべきです。
世の中変わります。

ホント。
厚生労働省に提案しようかな…

カズさんのみち

Beanist Monday 月曜日は豆の日!

img_24.png


Beanist Monday ビーニストマンデイ
月曜日は豆を食べようよの日!

世界Beanist協会が
月曜日を豆の日と制定しました。

はい。
今のところ加盟店はハナムスビのみですが…

これから盛り上げていきますよ~

カレー曜日(金曜日)はすでに埋まっているので月曜日となりました。
かつ、Meat Free Monday という活動が月曜日にあるので、
ここに合わせてみました。

こちら
http://ha-na-musubi.jp/restaurant/beanist.html

ホント、この活動が広がれば世の中が大きく変わる。

単純にお肉に対する偏見ということではありません。
お肉を世界でも金銭的に裕福な人が好きなだけ食べることによって生まれる
食料格差に偏見を持っているということです。

お肉を生産するために膨大な穀物(飼料)が使われています。
その一部を10億人と言われる飢えた人々に還元すれば
カロリー的に貧困がなくなると言われているのです。

食べ過ぎている、それだけです。
それによる疾患も増えてますし…

なのでこれからの時代のポイントは、
お肉を少し減らして豆料理を食べよう!
です。

ハナムスビでは毎週月曜日、
メニューの中の主菜のどれかを格安で提供させていただきます。

世の中に豆食が増えますように!

Beanist Monday
賛同者、賛同するお店、仲間、随時募集しています!

大豆が世界を救う

ハナムスビができるまでに、
多くの本からヒントを頂きました。

この本はその中でも、
理論的支えになっています。

「大豆は世界を救う」

4879545554.jpg

天然サプリメント大豆

健康面からの豆の効果は以前書きました。
こちら

現代に必要とされています。

救世主。
豆は偉大なり!

食べましょう。
食の中にどんどん組み入れましょう。

さらに食べれば食べるほどに地球環境が良くなってしまう。
(お肉の食べる量が減るという意味で)

こちら

Beanist ビーニスト(豆食派)

ハナムスビの造語です。
どんどん増やしていきたい。

あとは美味しいかどうか。
当然ここにかかってますよね。

豆の新境地、
ハナムスビで味わってみてくださいね。

救世主 お豆

さて、お豆がどれだけ素晴らしいものか紹介しましょう。

現代の救世主、お豆。
これは決して大げさではありません。

一世代前だとヒローはロックスター。
ジミヘン、ボブ・マーリー、ジョン・レノン、ジェリー・ガルシア…

もう少し前だと革命家、活動家。
チェ・ゲバラ、マハトマ・ガンジー、マーチン・ルーサーキング…

現代は…

お豆。

笑ってはいけませんw

何か閉塞感が社会に充満するとき、
現状を打ち破るべき“誰か”が現れるのは“人”とは限りません!

僕はお豆に救世っぷりを見出しました。
みんなが食べれば、個々が健康になり、かつ世の中が良くなる。
偉大なるお豆さん。

では、健康面から。

・大豆をよく食べる地域では一様に血圧が低い、コレステロール値が低い、
 肥満が少ない、心臓病やそれによる死亡が少ない。
→メタボリック(肥満、高血圧、高脂血症、動脈硬化など)に有効!

・大豆たんぱくは腸内でコレステロールと結びつき便に出す。
 しかも食物繊維が豊富なので便が調子よくなる。
→大腸がんに有効!

・味噌汁を一日三杯飲む人の乳がん発生率は40%減という研究結果がある。
 大豆に含まれるイソフラボンが長期エストロゲン被ばくから守る!

・脳内安定物質セロトニンの前駆物質トリプトファンが多く含まれているので
 心の安定にもつながる!

・その他、更年期障害の症状を抑える、骨粗しょう症の発生を抑える、
ほとんどのがんの予防、抗酸化による若さ維持、お肌のうるおいを守るなど・・・

どうです。

現代問題とされている病気のほとんどに効果があるのです。
これは病気になってから薬として効くという意味ではなく、
未病と言って、普段から食べていれば、
その病気になりにくい体質になるということです。

かつ若く、イキイキすると…

さあ、お豆を食べましょ。
食べて、生命力アップして毎日を愉しいものにしましょ。
そして世の中が、環境が良くなればこれほど素晴らしいものはないじゃないですか!
それがお豆には可能なのです。
現代の救世主…

次回はお豆を食べることで環境に、社会が良くなるということを説明します。

次のページ