ハナムスビ オフィシャルブログ

お豆のレストランをはじめに、こころ・からだの健康を提案していきます。愉しいこと、気持ちいいこと、嬉しいことを健康から!

僕らに時間的ゆとりはあるのだろうか?今年の課題

この場に来て二回目のお正月。

今年一年、やるべきこと、やりたいことをピックアップして、
一年の計画をアレコレ思案しているところです。

どうすればスムーズにコトが運ぶだろう?

どの方向見てもやること、やり残した宿題が見つかってしまうこの生活、
いかにして「時間的ゆとり」を作るかが最重要課題です。
これは去年の反省から得た、最大の学び。

身体が動く限り、とめどなく作業をしてしまうのは、
単純に歓びがあるから。
しかし気づいたときにはず~~~っと頭の中が
〝やらなきゃいけない!″モードで、
いつの間にか周りも疲れている事がママあり、
何が優先課題か見えなくなることがある。

これは避けないと。
最優先課題は家族と「今この時」をシェアすることだから、
そのメリハリを今年はつけていきたい。

さてと。
ここ伊那谷は1月から3月末まで畑には入らず、
4月から12月は田んぼ、畑でグルングルン、フル回転で
雨の日以外はたいがい土に触れて、農作物と戯れているのが大まかな時の過ごし方。

今年は、
お米
調理用イタリアントマト
ポップコーン
モロヘイヤ
ジャガイモ
サツマイモ
木曽紫蕪
松本一本ネギ
大豆(枝豆も。ああ枝豆!夏が待ち遠しい)
カボチャ
大麦
小麦
蕎麦(できれば)
干し柿!

あたりを主軸に四季の野菜を食べる分ボチボチやっていきます。

漬け物がどうしても上手にならないので、
今年はどなたかご近所の漬け物名人にしっかり習いたい。
この土地、独自のやり方があるから。
沢庵、野沢菜あたりかな。

3月には味噌づくり。
去年採れた大豆と自分の米で麹を作って念願のマイ味噌。
これがやりたかった!
そのためにも去年からの宿題、大豆の選別を早めにやろう。
麹づくりも、もう一つ壁があるのでせっせと練習してマスターせねば。

去年は、夏の一番暑く、忙しい時期にウッドデッキを作成して、
とてつもなく忙しかったので、
やはり大きな製作をする大工仕事は農閑期、
つまり1月から3月末まで!

今年は子どもの遊び部屋、ファイアースペースづくりが待っている。
子どもがワクワクするような場、、、
まだ、現実と夢の間を行き来する間は、
たっぷりとワンダーな空間に浸って想像の世界を堪能してもらわないと。

そしてそして、年末の12月に一年の総決算、
一年を通して自然と向き合い、心を養い、周りの人や環境に心配りできるよう精進して、
年越しそばを打ちたい。
お年賀用に干し柿、
正月のお飾り用にしめ縄を。

餅つきもしたいけれど、、、
臼と杵がほしい。
これはタイミングかな、待ってま~す!

ワークショップは、
「森と木と生活(仮)」を何度かやりますね。
以前ブログに書いたように
こちら
今年は森に入って生活と身体の使いを学んでいきます。
参加したい方は是非!

そしてボチボチ、ハナムスビを始動!
これが今年の大きな一歩かな。
いきなり店を構える、ってわけではなく、
できる範囲で、将来に向かって一歩を踏み出します。

ゲストハウス

リトリートに近い形になりそうです。
でも僕らの目指すものは、
見て、触れて、聞いて感じる、、、
身体をとおした経験による心地いい記憶をそこにいるみんなでシェアすることにあるので、
心身の健康は間違いなく含まれますが、
リトリートのようにかっちりとではなく、
心地いい記憶を刻むための心身を整える場にしていきたい。

もちろん
ヨガをはじめ身体を整えるワークショップ、
料理教室をとおして大切な食のことも多くの人とシェアしたい。
何かやりたい人がいれば連絡ください!

そんなこんなで、一年。
はたして僕らに
「時間的ゆとり」
がもたらされるのだろうか?!

これが課題ですw

ぜひ遊びに来てください。
愉しいことをシェアしましょ。

息子5ヶ月。タイミングに合わせる。

ケイゴ もうすぐ5ヶ月。

寝返りをするようになりました。
今月中には離乳食を開始予定。

もーかわいくてかわいくてたまらない。
男の子だからか二人目だからかなんなのかわからないけど
とにかく愛らしい!

IMG_4613.jpg

イモムシっぽい。

誰に対しても顔を見るとニコニコッと垂れ目で笑う。
何かおしゃべりしていると、ずっと聞いていたくなる。
ひとりで指をちゅぱちゅぱしながらすーっと寝ていく。
外ではほとんど騒がず、困ることがない。

イオリと比べると構ってないし、抱っこも少ないと思うんだけど
「二番目の宿命」というか「大忙し田中家の一員になる宿命」
をわかって出てきてくれたんだろう、と勝手に解釈。

もう少し早く、もしくは後に産まれたとしたら
とてもおんぶして田植えなんて出来なかっただろうなと思う。

この場、この家でハナムスビを再開しようと決めたのは一年前。
そのときにはケイゴは私のお腹の中に宿っていた。
ハナムスビが伊那谷で健康になれる宿としてスタートする構想はお預けとなった。

それでも、たくさんの友人が我が家に来てくれて、伊那谷の空気を味わい、のんびりしてくれて、
この場の持つ魅力を改めて感じました。

私自身は本拠地が決まったらしっかり働こうと思っていたけれど、断念。
家の修繕に時間がかかり、切迫早産の危険性もあり、
整体だけでも始めようと思っていたけれどそれもかなわず。
気づけば専業主婦も一年になる。

専業主婦になりたいと思ったことはないけれど、
子育ての最中にもらった機会、大いに活かしている。
イオリのときは社会福祉士の資格が取れた。
今は育てるものが子ども以外にもいる(野菜やお米)からちょうど良い。

家計のために仕事はしたいけど、
ケイゴがかわいすぎて離れられないかも・・・(三歳くらいまでそう言ってそう・・・笑)

妊娠しながらの移住だったので、本当に周りの方に気遣われ、助けられた。
子どもがイオリだけだったら、ここまで厚意を受けることも、甘えることもできなかったと思う。
それがこの地域に、人々の輪にするりと入れた要因のひとつかもしれない。

ケイゴが大きくなってきて、少しずつ恩返し(というのも図々しいけど)したくて
助けてくれたママ友さんたちに、施術をさせてもらっている。
滞っている部分がちょっとでも流れたらいいなぁと。

ケイゴは概ねご機嫌に待っていてくれたり眠ってくれたり、
空気読みすぎてこの子大丈夫かな?と心配になるほど。
動くようになったらまた違ってくるかな?

可能であれば、知り合い以外にもアプローチしたい。
子ども支援センターや介護施設でボランティア施術できないかと考えています。
今はお金を生むという意味の仕事は難しいけれど、
今できること、ハナムスビらしいことを一歩ずつ。
ケイゴがもっと大きくなったときの我が家のカタチを考えながら。

タイミング、機ってあると思う。
ケイゴがあのタイミングでこの世に産まれることを決めたのは、
きっと私たちにとっても意味のあること。

ハナムスビ宿としての出発はのんびりですが、何かご相談があれば連絡ください。


IMG_4634.jpg

ケイゴが産まれて良かったね。


上京

大型連休の前の週から、母と子ども二人で帰省しました。
実家は神奈川県にあり、田舎から都会への移動ということになります。

東京を離れて一年八か月。
たった二年弱、ですが、周りと自分のスピード感の違いったら!
(子どもを産んでからぼーっとしているというのもあるだろうけど)
基本的には実家で過ごしていましたが、
電車に乗ったりデパートに行ったり外食したり・・・
その度にキョロキョロ、ドキドキ、ヒヤヒヤしていました(笑)

殊に、生後100日ほどのケイゴには刺激が強かったのだと思う。
普段は人の話し声、生活音以外は鳥の声や風の音など少し離れた音しかしないのに、
電車に乗れば扉の閉まる音にビクッ!
お店に入ればやたら大きい音楽や人の声にビクッ!
他人との距離も近くて落ち着かないのか抱っこ紐の中で身を縮めていた。

私も目に入る刺激の多さに改めてびっくり。
当然だけど建物が多くて、色とりどりの看板や広告が視界に飛び込んでくる。
夜になると三人ともどっと疲れて熟睡してました。

開放的~空が広くて気持ちいい~
と思えたのは、不動前にある第四日野小学校の屋上くらいかもしれない。
(今でもお世話になっているガーデンマスターにの方にお会いしました!)

なぜだろう。
都会にいるとスピードが速いのは。
大人が速ければ、おのずと子どもも速くなるのだろう。
環境によって蓄積されるものって将来どんな影響が出るのだろう。

イオリは外的な刺激にすごく翻弄されてしまうタイプだから、
今は伊那谷の穏やかで静かな環境の中にいることがいいと思っている。
大きくなって内と外を分けて捉えられるようになったら
都会でも海外でもどこへでも行けばいい。
そのときに、ここで過ごした経験や感性が核となれば何よりだ。

ケイゴは最初からここで育つわけで、
たくましく自然とたわむれる姿が楽しみ。

単に、土に触れて虫や植物が身近で自然豊かな環境で育てばいいという話ではなくて、
我が家にとって伊那谷のこの場を選んだことは幸運だったなと思える。
遊びに来てくださる皆さんとそれらを共有し、持ち帰ってもらえればいいな。

ともあれ、祖父母や親せきとにぎやかで楽しい二週間を過ごしてきました。

上げ膳据え膳で実家の両親にお世話になりっぱなしだったけど、
孫のかわいい姿を見せられただけで親孝行した気になってます(笑)

修正


イオリ画伯に学ぶ

「お母さんのこと見学していい?」

この春に年長さんになったイオリに言われ、
んん?と見ると、紙とペンを持って真剣な顔。

「動かないで!」

私の顔を描こうとしているらしい。
冒頭の「見学」は「観察」ってことだ。

観察眼。
私はイオリに負ける。
鳥や草花、昆虫…びっくりするほどよく見て特徴を把握して覚えている。
(ちなみに記憶力も負けている私・・・笑)

絵を描くというと、今まではマンガっぽい絵が多かった。
よくくれる手紙には、まつ毛がピンピン立ってウィンクしている母の絵。
それはそれで上手だと思っていたしかわいいけれど、
写生するとは!いきなり自分で考えてやりだした様子。

集中してじっと見て、ペンで大胆に描いていた。
そう、集中力もイオリはすごい。
言葉もしっかり聴いているし(たまに間違いを指摘される)知らない言葉は確認する。
音の聞き取りも上手。

そういう姿を見ていると、
『今』
を真剣に生きているなって感じる。
そして自分がちょっと先の雑務で頭がいっぱいいっぱいになっていると思い知る。

だから観察も集中もできないんだね。
そして脳に刻み込む前にすぐ忘れちゃう(年のせいもあるか・・・)。

気づかせてくれてありがとう。
今度一緒にお花でも写生してみようかな。

IMG_4364.jpg

ぱぱが ごはんたべてる え

IMG_4362.jpg


IMG_4363.jpg

けいごが ないてる ところ

裏紙に描いちゃったのが残念だけど、大切にとっておこう。


赤ん坊が教えてくれるもの

ケイゴ誕生からまもなく二ヶ月。
起きている時間が長くなり、にっこりするときも出てきて
家族からの抱擁とチュウ攻撃にも慣れてきたようです。
母乳もよく飲んでぷくぷくしてきました。
イオリの赤ちゃんのときと顔がよく似ています。

IMG_4096.jpg


母のつぶやきとしては、
あぁ、腕がもう一本ほしい。贅沢を言えばそれが伸びれば嬉しい。
夜中の授乳中にイオリが起きてしまうときなど、そんなことを思います。
うちは5歳半も離れているからだいぶ楽なはずなんですけどね。

二度目の新生児育てにおいて
お姉ちゃんの存在のありがたいこと。

お手伝いももちろんしてくれるし、
手が離せなくてケイゴを泣かせたままにしておくときなどは
私に焦りとか罪悪感とかイライラとかわき出てくるけれど、
イオリが一緒だとそれらがやわらぐ。
(そんな時に限って「二人あやとりしよっ」と言われることもあるけど!)

出産前、みんなに「お姉ちゃんになるんだね」と言われると
嬉しそうにしつつ少し複雑な顔をしていた娘。
私はずっと、無理してお姉ちゃんしなくてもいいよ、まだまだ甘えていいよ。
と事あるごとに言うようにしていた。

実際にお姉ちゃんになったイオリは、抱っこをせがむことは多くなったけれど
ひどく赤ちゃん返りをするというわけではなく。
ケイゴのためなら聞き分けがよく、生活の変化を受け入れていて
無理をしている様子は感じられない。

情、優しさ、愛おしさ
のようなものがイオリのこころに育まれている。確実に。
それらは親や祖父母や友達に対してのものとは少し違う。

ケイゴのおかげだなぁと思う。
私もそうだけど、赤ちゃんに育てられている。

子育て、教育、しつけ…
子どもに身につけてほしいことって挙げればキリがないかもしれないけど、

自分を認め、信じられること
他者を認め、優しくできること
は、何よりも大切なんじゃないかと思う。
生きていく力のおおもとだと思う。

I am OK,You are OK(って、心理学の授業で出てきたなぁ。)
自己肯定と他者肯定。

それは色々な人間関係の中で育まれるし、時として阻害されることもあるものだけど、
特に家族の中では肯定感が揺るぎないものであってほしい。

イオリが分別つく年になって
私はアレコレうるさく言ってしまったり、考えを修正してしまったり、
必ずしも本人を認め、見守るような子育てをできているとは言えないけれど、

赤ん坊のケイゴから自然と得ているイオリの深い情を目の当たりにすると
そのままの存在がどれだけ愛すべきものか、思い知る。

何にもできない赤ちゃん、じゃない。
愛することを教えてくれる一人のヒト。大切なヒト。

今日も大泣きして、たまーに笑って、一生懸命生きようとして。
ケイゴ、ありがとう。

IMG_4190.jpg

このぷにょぷにょ感がたまらない。




次のページ

FC2Ad