ハナムスビ オフィシャルブログ

豆料理のレストランを経て、ここ伊那谷で生活を一からスタート 自然の循環の輪に入れさせてもらえるうよう

補植と落ち穂拾い 

ようやく前半戦の山を越えたところ。

ホッと一息

5月27日から三日間の田植え。
その後、補植(倒れている稲を起こし、植え忘れていたスペースを発見して植えたりする作業)しつつ、ヒエの早速の猛攻に対峙していた。

去年作った、竹ぼうきを改造した田んぼ専用ほうきに効果があったから、集中的に生えているところをガシガシ、表面の泥をひっかくように動かした。根が浅いうちのヒエは、ほうきの先の程よいしなりに上手く表土からはがされる。はがされたヒエはそのまま水に浮かぶので、そうなれば再生しない。

ここでの身体の動きは田植えと違って腰を曲げず直立でいられる。ぬかるみの中で足のバランス感覚を研ぎ澄ませながら、オールをこぐようにほうきで表土を掻く。車が横を通るたびにジッと見ていくのだけど、それはきっと、「なに、田んぼを掃除してんのか?この人は?」とビックリしているのだろう、不思議な光景だ。

一息。

今年の田植えでの気づきは大きなものがあった。

なぜ、毎年米作りをするようになったのか?
相変わらず直観と行動の隙がない生を送っているせいか、気づきはゆっくりと訪れる。

最高に気持ちいい。

これだけのことだった。
身体をフルに動かして、数多の生命を請け負い、自然のキャンパスに想いを描く。
家族、来てくれた仲間、そしてその多くのつながりに感謝しつつ、豊作を願う。

それ以外、何があるというのだろうか!

やはり身体の設計図は身体を動かすようにできている。ご先祖さまから連綿と積み上げてきたその仕組みに沿って動かせば、身体は喜ぶものなんだ。

田植えのあいだ、僕の気持ちは、この広い田んぼに三日で植えきること、その段取りに追われていた。実際田んぼに入っているときは、身体の動かし方、4列が良いのか、5列は欲張り過ぎなのか、植えるときの指の角度、苗をちぎるときいかに根を残すか、、、いわゆる左脳系が稼働していた。
もちろんそこに祈りを込めているのだけど、どうも、「いかにこなすか?」が占めていたようだ。

さて、予定通り三日で田植えが終わり、さあさあ、補植だと勢いに任せて田んぼに入っていたとき、変化を感じた。数多の生命を無事、田んぼというフィールドに移動できたこと(来てくれた仲間の手伝いなくしては無理でした。ありがとう!!)、身体が無事に持ったこと、事故なくすんだこと、多くのクリアすべき課題から解放され、ゆっくりとヌカルミを踏みしめ、空いているところに一本一本丁寧に植えていると、祈りの深度が違うことに気が付いた。

まずもってハイだった。
ランナーズハイがあるように、田んぼハイがある。
家族一年分の膨大なカロリーを得るために、膨大なエネルギーをもって向かい合った。
その山を越えたときの余韻ったら!

この余韻が時の縛りを開放してくれるのか、ここにいるのでも、どこにいるのでもなく、ただただ、一本植える度に37兆個の細胞が放つ祈りがヌカルミのブラックホールに吸い込まれていくのを感じた。

僕らは何か祈りをささげるとき、空間を介してテレポートするように思っているフシがあるけれど、土を介して、あるいは重力を介して祈りが伝達することもあるんじゃないかと思った次第。

補植は、田植えが終わったあとの、時間的、体力的余裕でやるものだから、面倒くさいとやらない人も多い。

でも、一年、それなりに苦労して作るのだから、少しでも空いているスペースがあれば植えていきたい。欲でもあるし、もったいないという心でもあるし、何よりも、この余韻と時の感覚が好きだ。

それは落ち穂拾いも同じで、稲刈りという大きな仕事が終わった後、その余韻でやる。もちろんやらなくてもいい。ただ、その余韻と時の感覚に深く入っていく、ある種の心地よさ、それは祈りの本質なのだろうか、ただすべてを受け入れ、感謝をささげる、、、
普段の生活で日常の些事に追われていると、そう簡単にできることではない。

今年の田植えは、補植と落ち穂拾いという、本流ではない支流の目立たない流れに、永遠を見出すことができた。

自然との共生、というと頭では分かっているものの、雲をつかむようでわかりにくい。
身体をフルに使って自然と向き合ったとき、その後に来る高揚感が身体とその取り巻く環境(自然)を一つにさせてくれる。

自然に入る
身体をフルにつかう

そう進化してきたし、
これが祈りの民である僕らの本質なんだと思う。

ハナムスビの誕生日

ハナムスビ お豆のレストランが不動前にてオープンしたのは
5年前の2月22日だった。

伊那谷にフィールドを移し、2年半。
住宅兼店舗探し、そして改装。新しい命の誕生、そして0歳児のいる生活。
実生活では、稲作、畑といった農作業、山菜採りや保存食づくりや手仕事など…
そんなこんなを経て、ようやく「ハナムスビ」を改めて始めるときが来た。

2017年2月22日。

事業届けとしては諸々を継続してあったので、形としては何もないけれど
2・22、私たちの気持ちの上で、この日をハナムスビ再開とした。
それから一ヶ月経ち、今更ですが私的なことを書いてみます。

ハナムスビ構想をカズさんから聞かされたとき、娘が1歳前後だった。
整体師としてやってきたし、いきなり飲食業を営むなんて無理じゃないのかと思った。
それに、それまでは何にでも挑戦できるような気がしていたけれど、
子どもがいる自分の動ける範囲というものはとても狭いと理解しているときだった。
(蛇足ですが、それを疎ましく思ったのではなく、逆に子どもが拓いてくれた世界もあります。
 ただ、実質的に「長く働く」「身軽に動く」「睡眠時間を削る」などができないという意味で限界がある、ということ)

最初は本当にできるか懐疑的だったけれど、協力者がたくさんいて実現できた。
ハナムスビはとても魅力的な場だったし、本当にあのときあの場で営めて良かった。

再開を考えたとき、やはり目の前には1歳の息子がいて。
私はあの頃と同じような理由で「出来ないこと」「無理したくないこと」がある。
今回は、子どもを含めた4人でのスタート。
ハナムスビとしての夢やカズさんの提案とすり合わないこともある。
具体的に整体以外の何が出来るのか、ハナムスビの姿を私自身が描けなかった。

そんな折、癌を患っていた知人が他界した。
秋の終わり頃、家族と過ごすための最後の退院が決まってすぐに連絡が来た。
冬になる前に遊びに行きたいんだけど、もうそっちは寒い?と。
春まで生きてられるかわからない、という。
体調が心配だけど来るなら歓迎するという旨の返事をしたら、
「行けるか分からないけど、そういう場を用意してくれているだけで救い」と返ってきた。

『救い』
それほど親しくしている人ではなかった。ほんの少しの期間、同じ職場で働いただけ。
ずっと福祉の仕事に従事して、人をつなぐことや場づくりに熱心だった人。
何をもって、まだ始動していなかったハナムスビを救いと思ってくれたのかはわからない。
その後連絡が途絶え、結局、彼の来訪はかなわなかったけれど。

このやり取り、お別れがあって
私は出来ないことを挙げるより、心の在り方を修正していこうと思った。
確かに子どもとの生活での制限、出来ないこともあるのだけど、
ハナムスビに関わってくれる方たちに心地よく過ごしてもらいたいという気持ちにまでブレーキをかけていた。
喜んでもらいたい、楽しんでもらいたい、癒されてもらいたい。ほんの少しでも役に立ちたい。
では、何をするのか。だから、これをしよう。そういう流れでいいんだよね。
時間とともに変化をしながらハナムスビが出来ることを模索しよう。

そんなふうに思えた2・22
ハナムスビの誕生日。

今年中にはリニューアルするハナムスビのホームページの文言をここに。

コンセプト より
ハナムスビはココロとカラダ、人と人、人と自然…。離れ離れになってしまったこれらを丁寧にムスブ場、新しいコミュニケーションを育てる場でありたい… そんな願いから生まれました。 ハナムスビはみんなに参加してもらうことで成長するお店です。

村プロジェクト 将来やりたいこと より
 それは平和で、幸福で、健康で、循環して、農に触れていて、いろんな人とモチツモタレツの関係ができていて、共に学び、成長していく村をみんなで創っていくこと。世界一ハッピーな村! みんなで生み出していきたいと思っています。

干し柿 2016

今年もお世話になった方々に、干し柿を送ることができた。

手帳を見ると11月1日に「柿開始」と走り書きしてあった。
風がぐんと冷たくなる頃、他の農作物が落ち着く頃、
この地域の年配の方たちは「そろそろ」と言って渋柿を収穫する。

今年はカズさんが「自由に採っていい」と聞きつけた柿の木に突進して
市田柿をごっそり採ってきた。
とは言っても二番手三番手で、小さめの市田柿たち。その数600個。

その日から柿むきの日々。
洗って、皮むいて、紐でつなげて、干して・・・
後半になると柿が柔らかくなる。貧乏性の私たちはスピードを上げてむいていく。

IMG_5907.jpg

この吊るされた姿がかわいい。


数日後、お隣の農家さんが「うち、もう柿採り終わったから残り自由に採っていいよ」と。
こちらは、ひらたね柿。大ぶりで甘く仕上がる。

キラーーーン
干し柿ラブのカズさん、早起きして仕事の前に収穫に向かう。その数100個。
また洗ってむいて干しての作業が始まる。

感覚がマヒしてきた私「こんなのすぐむけちゃうから、もう一回採ってこれば?」
「よしきた!!」
さらに収穫、その数100個。

こうして今年も柿のカーテンの出来上がり。

IMG_5992.jpg

うん、満足。


昼間はからっと晴れ、朝晩は冷え、風も適度に吹いた。
(去年は11月がとても暖かく、カビにやられた方も多かった。我が家も扇風機回したなぁ)
途中雪が降ったこともあったけれど、月日の蓄積が渋さを甘味に変えていった。

ただ干してあるだけではないハナムスビ干し柿。
毎日干し柿を愛でているカズさん
あれ、姿が見えないなーと思うと、外で干し柿すべてを丁寧に揉んでいる。
味見しては「しまった、揉むのが遅かったかも!硬くなってる!」
・・・大変過保護に育てていました。

15391226_1714854175510053_1400278681792059235_n.jpg

あまりに干し柿を愛しているので、「干し柿王子」と呼んでやりました。


そんな努力と天の恵みが合わさり、12月中旬
黒く変色し、粉もふいて、甘さがぎゅっと濃縮された干し柿が出来上がりました。

15622040_1716975761964561_3664971272487273261_n.jpg

市田柿

15622468_1716975731964564_2120226860158321390_n.jpg

ひらたね柿

それぞれの個性もまた美味しく愉しめる。

目標は「あんこを越える」
だそうです。達成したら王子から王に昇格するとか・・・
食べる度に一つ一つの干し柿を講評、どれだけ幸せか毎回語る王子です。

おかげさまで皆さんに喜んでもらい、もちろん家族も毎日食べ(11ヶ月のケイゴも)、
冬のお愉しみが続きます。

ご自由にお使いくだされ

意識が肉体を超えて宇宙とつながるものではなく、
その境地は、
聖地・約束の地を自分の内に見出し、
今いる場で肉体を使って創造していくことにあると思う。

意識だけがそこに行くのではなく、
肉体を使った場の創造こそ、そこに誘われる。

直観と実践。
観察と気づき。
肉体と感覚。

確かなものにしっかりとフォーカスして、
一つ一つ生み出していく、、、

要するに、
行動
経験

誰かの言葉や、何かが起きるのを待っているのでは、
何も起こらない。
時代の変化は、
個の気づき、全体性への個々のチャレンジを要求している。
もう、すでにわかっているのだから。

ウッドデッキ
つくりました。
(いつもながら仰仰しい始まり!)

DSC_0158.jpg

この場にして、ここしかない!
という空間に。

最高の気が流れている。

ここで口をあんぐり開けてボケ~っとするもよし。
ヨガ、ストレッチ、呼吸法をするもよし。
瞑想してもいい。
ちゃぶ台出してご飯食べるのならば悦びにあふれるし、
昼寝をすれば、もうあの世。
ギターを鳴らせばいいフレーズが自ずと奏でてくれる。

この家と出会ってから、
ずっと構想していた計画。

場と空間。

場の持つポテンシャル、精神をよく読み取り、
それに合わせるよう生活の空間を創っていく。

家自体は中古で元々前に住んでいた人が創ったものだから、
おかしなところもたくさんあるけれど、
それも活かしつつ、かつシンプルに。

大宇宙の一点として、
一点という生活環境から大宇宙へ。
その経路に不自然なものを挟み込まない。

例えば無理クリに作った木の仕切り、
あるいは大きな塀。

これは、人の目線から守っても、
自分の生活が大宇宙と断絶される。
そんなものは最小限にとどめて、きれいに見せる必要がある。

ウッドデッキは外でありながら、中へ通じる緩衝地帯。
裸足で家から外に出てもいいし、外から靴のまま上がってもいい。
そういう空間があることが、生活をスムーズにする。

日本の家屋で言えば土間だ。
外と中の緩衝地帯。
泥付きの大根を内に入れるならば土間から入れて洗えば何てことない。
雨の日、びしょぬれになったら土間で脱げばいい。

大自然の一部としての家、
生活環境が大自然とわけ隔てられず、
周りの生物、場と調和している、、、

そんな空間づくりが、
約束の地の創造になっていくかな。

今年の大仕事の一つが終わった。
次は屋根裏部屋を子どもの遊び場に。
冬の宿題。

ワンダーランド創らなきゃ。

屋根裏部屋の、あの独特な雰囲気。
基地であり、独りになれる場所であり、想像を駆り立てる、、、

僕としては木と漆喰で洞窟のようにしたいけど、
娘はペンキを塗りたいという、、、
どうなるやら、、、

DSC_0126.jpg
今回は基礎の作り方を学んだ。ここで全てが決まってしまうほど大切でいて、
難易度が高い。

DSC_0140.jpg 

助手イオリ。色々手伝ってくれた。

DSC_0160.jpg  
遠くを見てたそがれ。いや、スイカの種をピッピ飛ばしているところかも。

 DSC_0129.jpg 
ギターでも持てれば格好がつくけどインパクト。


木を見て森を見る 森を見て木を見る

地球全体が一つの生命体と捉えるならば、
ホメオスタシス(生命恒常のチカラ)が地球を永らえるため、
ヒトという害を排除する日も遠くない。
それは過去何度かあったように、、、

そのエマージェンシーに気付くのか、見てみぬふりをするのか。
今、人間が突きつけられているのは目先の小さな問題ではなく、
種の存亡という、とてつもなく大きな、
進化から見ると絶大なる敗北の一歩手前にあるということなのだ。
昨日のワークショップで思い知らされた。

森が荒れていく、、、

杜の園芸の矢野 智徳さんは
軽井沢、八ヶ岳を観察してきて、
ここ2,30年で大きく変化しているのを目の当たりにした。

森の下草が高くなり藪化し、
流れる小川が泥水を排出しているという。

全ては人間の開発による結果だ。

建築物、道路、水路、
全てコンクリートで自分たちの都合で開発した結果、
土がしまりすぎ、大地は呼吸できなくなり、
しまり過ぎた故、水が通らなくなった。

木々は土がしまっているがため大地から水を吸い上げる力が弱り、
無理に根を張らせ、無理に枝を這わせ、
そして疲弊していく。

一見、森の中では木々が元気よく共存しているように見えるが、
矢野さんの見立てで一本一本観ていくと、
枝枯れしているところ、
葉が重くてヒイヒイ言っているところなどがたくさんあり、
決して森は健康だといえない。

ワークショップが開催された八ヶ岳のふもと、
原村でさえこの状況なのだから、
その下流域はさもありなん。

いや、上流だけに問題は大きい。

この状況は見えているのだ。
しかし人間は開発をやめない。
川の流れを押さえつけ、
土石流を押さえつけ、
波を押さえつけ、
コンクリートを地中深く埋めれば埋めるほどに土は固くなっていき、
空気が追い出され、水が地中に流れなくなり、
好気性の微生物がいなくなり、土壌が悪質化していく。

これは森に限ったことではない。

病気に対する処置も同じこと。
いくらウィルスを抑え込んでも、
次なる耐性を付けたウィルスが発生し、
それを抑え込もうとするとさらなる、、、
いたちごっこ。

経済も一緒。

僕らは事の本質を見ようとせずに、
表層の対処で良くなったことにする。

事態は奥の方でなんとなく悪化しているのが見えているのだけれども、
それが遠くにあると思っているからブレーキは踏まない。
アクセルを開けることしか考えつかないから、、、

森の再生。

今、事を起こせばそれは成る。

ポイントは目に見えぬところ、
森で言うならば土中の風通し、水通し。
血管にプラークができて詰まり淀んでいくのと一緒で、
そこの道筋を通り良くすればいい。

例えば昨日のワークショップでは、
駐車場を作るために砂利をまいて固く締まったところと、
森の境に溝を掘り、水と空気の流れを作る。
これだけで(これは今後どうなったか見る必要があるけれど)
森側の木々(立ち枯れや、弱った木が多い)が再生するという。

あるいは藪化したところでも、
全部下草を切ってしまうのでなく、
風が通るように手を加えれば良いとのこと。

地球という彫刻は風と雨、水の流れが作ってきたのだから、
その地形、地質、土壌を見抜き、
空気の流れ(風)、水の流れに注意しながら、
淀みを取り除き、流れを促してやればいい。

これはヒトの身体にも当てはまる。
血液リンパの流れ
筋連動の流れ
腸の流れ
神経・気の流れ
思考の流れ

全てはつまり、よどみが不調を作るから、
流れを促すことで改善する。

経済もそうだろう。

ゴリゴリに抑えつけたり、
表層で対処して治った気にさせたり、
先送りにしていたものが、
もう目の前に来ているんだ。

それに気付き、
今までのように対処するのではなく、
全く違った観点から、
自然の声を丁寧に聞き、そのあるがままの姿に手心を加える。
少しずつ。

矢野さんの言葉は自然と向き合って出てきたものだけに、
シンプルで実践向きだ。

まずは僕らの場をより良くするために、
矢野さんからいただいたヒントをあれこれ試してみる。
家の周りの水の流れ、風の流れ。
土中の環境。

自然の観察眼をより深くして。

生活環境から大自然
自分の身体から大自然
経済も健康もあらゆるすべてのもの、ことを
大自然というフィルターを通して見ることが今求められているんだと
矢野さんの言葉を聞いて痛切したしだいです。

実践あるのみ!


次のページ

FC2Ad