ハナムスビ オフィシャルブログ

お豆のレストランをはじめに、こころ・からだの健康を提案していきます。愉しいこと、気持ちいいこと、嬉しいことを健康から!

干し柿 2016

今年もお世話になった方々に、干し柿を送ることができた。

手帳を見ると11月1日に「柿開始」と走り書きしてあった。
風がぐんと冷たくなる頃、他の農作物が落ち着く頃、
この地域の年配の方たちは「そろそろ」と言って渋柿を収穫する。

今年はカズさんが「自由に採っていい」と聞きつけた柿の木に突進して
市田柿をごっそり採ってきた。
とは言っても二番手三番手で、小さめの市田柿たち。その数600個。

その日から柿むきの日々。
洗って、皮むいて、紐でつなげて、干して・・・
後半になると柿が柔らかくなる。貧乏性の私たちはスピードを上げてむいていく。

IMG_5907.jpg

この吊るされた姿がかわいい。


数日後、お隣の農家さんが「うち、もう柿採り終わったから残り自由に採っていいよ」と。
こちらは、ひらたね柿。大ぶりで甘く仕上がる。

キラーーーン
干し柿ラブのカズさん、早起きして仕事の前に収穫に向かう。その数100個。
また洗ってむいて干しての作業が始まる。

感覚がマヒしてきた私「こんなのすぐむけちゃうから、もう一回採ってこれば?」
「よしきた!!」
さらに収穫、その数100個。

こうして今年も柿のカーテンの出来上がり。

IMG_5992.jpg

うん、満足。


昼間はからっと晴れ、朝晩は冷え、風も適度に吹いた。
(去年は11月がとても暖かく、カビにやられた方も多かった。我が家も扇風機回したなぁ)
途中雪が降ったこともあったけれど、月日の蓄積が渋さを甘味に変えていった。

ただ干してあるだけではないハナムスビ干し柿。
毎日干し柿を愛でているカズさん
あれ、姿が見えないなーと思うと、外で干し柿すべてを丁寧に揉んでいる。
味見しては「しまった、揉むのが遅かったかも!硬くなってる!」
・・・大変過保護に育てていました。

15391226_1714854175510053_1400278681792059235_n.jpg

あまりに干し柿を愛しているので、「干し柿王子」と呼んでやりました。


そんな努力と天の恵みが合わさり、12月中旬
黒く変色し、粉もふいて、甘さがぎゅっと濃縮された干し柿が出来上がりました。

15622040_1716975761964561_3664971272487273261_n.jpg

市田柿

15622468_1716975731964564_2120226860158321390_n.jpg

ひらたね柿

それぞれの個性もまた美味しく愉しめる。

目標は「あんこを越える」
だそうです。達成したら王子から王に昇格するとか・・・
食べる度に一つ一つの干し柿を講評、どれだけ幸せか毎回語る王子です。

おかげさまで皆さんに喜んでもらい、もちろん家族も毎日食べ(11ヶ月のケイゴも)、
冬のお愉しみが続きます。

ご自由にお使いくだされ

意識が肉体を超えて宇宙とつながるものではなく、
その境地は、
聖地・約束の地を自分の内に見出し、
今いる場で肉体を使って創造していくことにあると思う。

意識だけがそこに行くのではなく、
肉体を使った場の創造こそ、そこに誘われる。

直観と実践。
観察と気づき。
肉体と感覚。

確かなものにしっかりとフォーカスして、
一つ一つ生み出していく、、、

要するに、
行動
経験

誰かの言葉や、何かが起きるのを待っているのでは、
何も起こらない。
時代の変化は、
個の気づき、全体性への個々のチャレンジを要求している。
もう、すでにわかっているのだから。

ウッドデッキ
つくりました。
(いつもながら仰仰しい始まり!)

DSC_0158.jpg

この場にして、ここしかない!
という空間に。

最高の気が流れている。

ここで口をあんぐり開けてボケ~っとするもよし。
ヨガ、ストレッチ、呼吸法をするもよし。
瞑想してもいい。
ちゃぶ台出してご飯食べるのならば悦びにあふれるし、
昼寝をすれば、もうあの世。
ギターを鳴らせばいいフレーズが自ずと奏でてくれる。

この家と出会ってから、
ずっと構想していた計画。

場と空間。

場の持つポテンシャル、精神をよく読み取り、
それに合わせるよう生活の空間を創っていく。

家自体は中古で元々前に住んでいた人が創ったものだから、
おかしなところもたくさんあるけれど、
それも活かしつつ、かつシンプルに。

大宇宙の一点として、
一点という生活環境から大宇宙へ。
その経路に不自然なものを挟み込まない。

例えば無理クリに作った木の仕切り、
あるいは大きな塀。

これは、人の目線から守っても、
自分の生活が大宇宙と断絶される。
そんなものは最小限にとどめて、きれいに見せる必要がある。

ウッドデッキは外でありながら、中へ通じる緩衝地帯。
裸足で家から外に出てもいいし、外から靴のまま上がってもいい。
そういう空間があることが、生活をスムーズにする。

日本の家屋で言えば土間だ。
外と中の緩衝地帯。
泥付きの大根を内に入れるならば土間から入れて洗えば何てことない。
雨の日、びしょぬれになったら土間で脱げばいい。

大自然の一部としての家、
生活環境が大自然とわけ隔てられず、
周りの生物、場と調和している、、、

そんな空間づくりが、
約束の地の創造になっていくかな。

今年の大仕事の一つが終わった。
次は屋根裏部屋を子どもの遊び場に。
冬の宿題。

ワンダーランド創らなきゃ。

屋根裏部屋の、あの独特な雰囲気。
基地であり、独りになれる場所であり、想像を駆り立てる、、、

僕としては木と漆喰で洞窟のようにしたいけど、
娘はペンキを塗りたいという、、、
どうなるやら、、、

DSC_0126.jpg
今回は基礎の作り方を学んだ。ここで全てが決まってしまうほど大切でいて、
難易度が高い。

DSC_0140.jpg 

助手イオリ。色々手伝ってくれた。

DSC_0160.jpg  
遠くを見てたそがれ。いや、スイカの種をピッピ飛ばしているところかも。

 DSC_0129.jpg 
ギターでも持てれば格好がつくけどインパクト。


木を見て森を見る 森を見て木を見る

地球全体が一つの生命体と捉えるならば、
ホメオスタシス(生命恒常のチカラ)が地球を永らえるため、
ヒトという害を排除する日も遠くない。
それは過去何度かあったように、、、

そのエマージェンシーに気付くのか、見てみぬふりをするのか。
今、人間が突きつけられているのは目先の小さな問題ではなく、
種の存亡という、とてつもなく大きな、
進化から見ると絶大なる敗北の一歩手前にあるということなのだ。
昨日のワークショップで思い知らされた。

森が荒れていく、、、

杜の園芸の矢野 智徳さんは
軽井沢、八ヶ岳を観察してきて、
ここ2,30年で大きく変化しているのを目の当たりにした。

森の下草が高くなり藪化し、
流れる小川が泥水を排出しているという。

全ては人間の開発による結果だ。

建築物、道路、水路、
全てコンクリートで自分たちの都合で開発した結果、
土がしまりすぎ、大地は呼吸できなくなり、
しまり過ぎた故、水が通らなくなった。

木々は土がしまっているがため大地から水を吸い上げる力が弱り、
無理に根を張らせ、無理に枝を這わせ、
そして疲弊していく。

一見、森の中では木々が元気よく共存しているように見えるが、
矢野さんの見立てで一本一本観ていくと、
枝枯れしているところ、
葉が重くてヒイヒイ言っているところなどがたくさんあり、
決して森は健康だといえない。

ワークショップが開催された八ヶ岳のふもと、
原村でさえこの状況なのだから、
その下流域はさもありなん。

いや、上流だけに問題は大きい。

この状況は見えているのだ。
しかし人間は開発をやめない。
川の流れを押さえつけ、
土石流を押さえつけ、
波を押さえつけ、
コンクリートを地中深く埋めれば埋めるほどに土は固くなっていき、
空気が追い出され、水が地中に流れなくなり、
好気性の微生物がいなくなり、土壌が悪質化していく。

これは森に限ったことではない。

病気に対する処置も同じこと。
いくらウィルスを抑え込んでも、
次なる耐性を付けたウィルスが発生し、
それを抑え込もうとするとさらなる、、、
いたちごっこ。

経済も一緒。

僕らは事の本質を見ようとせずに、
表層の対処で良くなったことにする。

事態は奥の方でなんとなく悪化しているのが見えているのだけれども、
それが遠くにあると思っているからブレーキは踏まない。
アクセルを開けることしか考えつかないから、、、

森の再生。

今、事を起こせばそれは成る。

ポイントは目に見えぬところ、
森で言うならば土中の風通し、水通し。
血管にプラークができて詰まり淀んでいくのと一緒で、
そこの道筋を通り良くすればいい。

例えば昨日のワークショップでは、
駐車場を作るために砂利をまいて固く締まったところと、
森の境に溝を掘り、水と空気の流れを作る。
これだけで(これは今後どうなったか見る必要があるけれど)
森側の木々(立ち枯れや、弱った木が多い)が再生するという。

あるいは藪化したところでも、
全部下草を切ってしまうのでなく、
風が通るように手を加えれば良いとのこと。

地球という彫刻は風と雨、水の流れが作ってきたのだから、
その地形、地質、土壌を見抜き、
空気の流れ(風)、水の流れに注意しながら、
淀みを取り除き、流れを促してやればいい。

これはヒトの身体にも当てはまる。
血液リンパの流れ
筋連動の流れ
腸の流れ
神経・気の流れ
思考の流れ

全てはつまり、よどみが不調を作るから、
流れを促すことで改善する。

経済もそうだろう。

ゴリゴリに抑えつけたり、
表層で対処して治った気にさせたり、
先送りにしていたものが、
もう目の前に来ているんだ。

それに気付き、
今までのように対処するのではなく、
全く違った観点から、
自然の声を丁寧に聞き、そのあるがままの姿に手心を加える。
少しずつ。

矢野さんの言葉は自然と向き合って出てきたものだけに、
シンプルで実践向きだ。

まずは僕らの場をより良くするために、
矢野さんからいただいたヒントをあれこれ試してみる。
家の周りの水の流れ、風の流れ。
土中の環境。

自然の観察眼をより深くして。

生活環境から大自然
自分の身体から大自然
経済も健康もあらゆるすべてのもの、ことを
大自然というフィルターを通して見ることが今求められているんだと
矢野さんの言葉を聞いて痛切したしだいです。

実践あるのみ!


はたらきかけ

ふ~~~~

冬がすぎ、あの薪割り1000本ノックがようやく終わったと思ったら、
今だ!とばかりに野菜の種まきが始まり、
ぎりぎりで田んぼが借りられることになって、
滑り込むように育苗を開始して、
呼吸する暇もなく田植えを終えたのが先週の火曜日。

田んぼに気を取られていると畑がどうにもならなくなる。
トマトは脇芽をいつの間にかグイグイ伸ばしているし、
草刈りを一巡したと思っていても、
最初に刈ったところは既にやりたい放題、、、

手に負えない、
っていうのは避けたい。
家族フル稼働で、雑草はまあ仕方ないとして、
まいた種は責任持てている。
みな、心地さそうに育っている。
生き物はバイブレーション、見て感じれば分かるもの。

田植えが終わり、やっとこさ畑に集中できるかなと思い、
ふ~~~~っと一息つくや否や、
田んぼの4分の1にグイグイひょろ長い葉を伸ばしている集団を発見!

ひえ~~~!

緊急発動が下された。

心の準備はしていたものの、
その量に圧倒。

聞くところによると、
前年、持ち主は病気がちで田んぼに手が回らず
ヒエをたくさん生やしていたとのこと。
ヒエは次年の子孫のため、種子を思う存分ばらまいたのだろう。
田んぼでよく声をかけてくれるおばさんも
「これはすごいね!」と嬉々として話してくれる。

IMG_20160606_070654.jpg

さて、どうする?

第二ラウンドのゴングが大きくなり響く。

相変わらずの星の下。
難題が立ちあがればこちらも嬉々として対応するのみ。

全てはトレーニング。
身体をフルに使い、脳みそを柔軟にして、
次、何か似たようなシチュエーションに出くわしたら、
今回乗り越えた経験、身体の使い、強くなった筋力、
持久力、弾性、脳の回転、発想を駆使して、
十分な対応ができる。

それが余裕につながるのよ。

そう、トレーニング。
日々、瞬間瞬間がトレーニング。
特にこういう生活をしていると、
身体を鍛え、心を育んてくれるような出来事が山のようにやってくる。

それを「また~~~?」と憤るか、
「よっしゃ、進化するための糧だ」と嬉々とするかで
全く違う人生を進むことになる。

そう、だから一見ネガティブな出来事が起ころうとも、
全てはトレーニングだと分かっていれば、それが花となり、
何年後かの果実となるんだ。

ヒエ群生。

周りの田んぼでは当然見当たらず。
除草剤がしっかり効いている。
田植えと同時にドバっと播く。

これの意味するところを探ると、
ヒエなどの田んぼに生える草は最初の除草が一番肝心だということ。
小さいうちにどれだけ抑えられるか。

僕らはどうするかというと、
今のタイミングでひたすら抜くしかない!
あたりまえです。

昔はそれこそ手でジャバジャバ土の表面を掻いて、
草を水に浮かしていたみたい。
除草剤の前は田車といって
稲の間通すと鉤爪がたくさんついた車輪がぐるぐる回って、
土を掻きまわし、草を浮かせるというものを使っていた。

有機農家とかではいまだに現役で使われている。

ただ、デメリットもそれなりにある。
・重い
・何度も往復しなければならない
・縦の稲間が除草できても、横の稲間がどうしても残ってしまう

メリットは多少根が張っていてもガリガリ行けるところ。

今、根が浅い状況ならば、表面を擦るようなもので対応できる。

去年は熊手を使ったけれど、
これは隙があり過ぎて、これだけ密生しているときは効力が落ちますね。
デッキブラシという手もあるけれど、
身体が前傾してしまうのと、
前後の動きだけなので横をやるときなどは持ち変えないといけない。
楽に、体力のロスをなるべく減らしたい。

そこで編み出したのが、これ。

ちょうどほうきとして使うには古くてしなりがなく、
どうにもならなかったけれど、
ヒエの群生を見て脳みそに電球が💡ピカッとライトニングしました。

ほうきの先を平らにカットして、
幅を25センチに。
これは今回植えた稲と稲のあいだがちょうどこれくらい。

IMG_20160608_090448.jpg

四列くらいを縦横、多少稲を掻いても大丈夫。
毎朝3時間くらいバシャバシャやっている。
これ、成績かなりいいです。
90%は取れますね。

IMG_20160607_075858.jpg

丁寧にやるので時間はかかるけれど、
最初が肝心。
大きくなったときには労力が三倍、四倍と取られていく。
無理してもここで時間かける、、、
しかないw

IMG_20160608_090508.jpg

全てはトレーニング。

姿勢を良くして、泥の中を一歩一歩。
バランス感覚と足指の筋肉が鍛えられる。
同時にあるもので道具を生み出すという発想は、
思考の枠を広げてくれる。

生き物と関わる。

自分の可能性や身体感覚、思考能力が増す、
つまり共進化することなんだけど、
それだけではない。

はたらきかける。
という行為がヒト特有なんだろうね、ある。

ハナムスビの米、野菜、生産物、ソバ、、、
はたらきかけ、がある。

子どもたち、これから生まれ来る子、僕らの先祖、
全ての関わりに幸福を、感謝を。
そして良縁に恵まれるように。

今年は友人三人に子どもが産まれる。
(まだいるかもしれないけど)
その子らの離乳食に食べてもらいたい。

そういうお米になるようにはたらきかけ。

さあ、明日も早い。

IMG_20160608_090601.jpg     


ふるさと

先日、愛知県の知多半島にいる祖母の家に行きました。
半島の先っぽで、海まで歩いて5分という立地です。

浮き輪を抱えて浜まで行き、一日海で遊んで
水着のまま祖母宅に帰ってお風呂に入り
縁側でスイカを食べて
祖母がつくる夕食、煮魚や赤味噌のおみそ汁が美味しくて
日焼けで肩がヒリヒリすると言って笑いあって・・・
小さいころの夏休みの思い出。

時は流れても、みんな年を重ねても、祖母の家は変わらない。
もちろん実際は変わっているのだけど、
その雰囲気や存在感は私にとっては当時のままなのです。

あと数年で米寿の祖母が元気でいてくれることが一番ありがたい。
一人暮らしで何でも自分でこなし、ご近所の方と支え合って暮らす祖母。
今年ひ孫は9人になる予定。
私と弟、いとこ達で夏休みに祖母宅で集まったように
また子供たちの声が響く家になるといい。

私には幸い、「ふるさと」と呼べる場所がある。
故郷という意味では、
今後は神奈川に住む両親の家がそうなのかもしれないけれど、
なんとなく「ふるさと」は「田舎」のイメージ。
(我が家の場合は移住したため、
 私たちは田舎、親が都会に住むという珍しい構図になった。)

東京で子育てしている友達のことを考えると、
私たち世代の子どもにとっての祖父母は都会在住である場合が多い。

ふるさと。

故郷、古里…やっぱりちょっと違う。
「ふるさと」

自然があって、時間がゆるゆるとしていて、
普段できない経験ができて、のんびりして、ほっとできる場…
ノスタルジー、郷愁。

進学や就職で地方から都会へ、という流れがずっとあって、
親世代も都会に住み続けていると、
今私たちが「ふるさと」といって思い浮かべるものと
ひとつ世代が若い人たちが感じるものは違っていくのかもしれない。

伊那谷に住んで5か月経った。
祖母の家で自然と子どもの頃のことが思い出され、
今後ハナムスビがやっていきたいことを重ねていくと

ハナムスビの場が
ふるさとを持たない人たちのふるさとになること

というイメージが強くなってきた。

忙しい生活を離れ、こころとからだを休めたり
雄大な自然の中で子どもたち(大人も)にさまざまな体験をしてもらったり
地の風習や食べ物を大切にすることを学んだり
土に触れることでヒトが本来持つ力を取り戻したり

元気になれる場
しなやかさを取り戻す場

ハナムスビは、そうなりたいと思う。
誰もが帰れる、こころの「ふるさと」

思い返せばハナムスビが始まるもっと前、
カズさんが「村づくり妄想委員会」を立ちあげたことがある。
循環と思いやりと助け合いがかなう村。
障害を持つ人も、お年寄りも、子どもも、みんなが個性と能力を発揮できる村。

「村」までいかなくても、
まずはそんな場をつくりたいなぁと思うのです。

不動前のハナムスビで出会った方々に
また伊那谷というフィールドで再会し、笑顔になってもらえるように。
少しずつ進んで行きたいと思います。



次のページ